オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
きゃべつさん 40代・ママ

ファンになってしまいました
大きなごつごつした石の表紙を見て、きっ…

ぼうさまになったからす」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼうさまになったからす 作:松谷 みよ子
絵:司 修
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年
ISBN:9784034380208
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,877
みんなの声 総数 8
「ぼうさまになったからす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 実感の重み

    息子の夏休みの宿題「戦争について深く考えよう」のために借りて来ました。

    カバーの松谷さんの言葉を読んではっと胸をつかれた思いがしました。

    やはり松谷さんの娘さんも戦争についての宿題が出され松谷さんの話を聞きとった後で「みんなおんなじ話をする。食べるものがなかったこと、爆弾が落ちてきてこわかったこと、それはわかったんだけど…なんだかちがう」

    その言葉を受けてでき上がったのがこの作品ということだそうです。

    親になった私は実際には戦争は知らない世代。松谷さんがこ作品を作られる前に感じられたのは「実感の重み」ということ。

    実感の重みすら持たない私は子どもたちに何を伝えていけばいいのか、はなはだ心もとないのですが、今はできるだけ多くのことを知ることで、息子と戦争を考えていけばいいのかと。

    戦争で亡くなった人たちを烏が弔いにいく。遺体さえ見つからなかった場合もあるでしょうから、遺族の思いはいかばかりかと。いつまでも消化されない思いや悲しみが人々の間でこんな話が生まれていったとしたら。

    戦争の絵本を読んでいると戦場は地獄さながら、戦争が終わっても残された人々の心に残る心の傷はまた地獄。

    短いお話の中で考えさせられることがたくさんありました。そしてそれを彩る絵の哀切さが物悲しく心に響いてきました。

    投稿日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼうさまになったからす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット