宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぐりとぐらのかいすいよく」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのかいすいよく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005288
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,735
みんなの声 総数 178
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泳げるようになりたいな

    ぐりとぐらの夏のお話。流れ着いた瓶から手紙と地図が・・・。いきなり冒険が始まります。

    ぐりとぐらは「しんせつなともだち」になるべく困っているうみぼうずのもとへ浮き輪を使って泳いでたどり着きます。

    うみぼうずの困っていることを解決してあげて、そのお礼に泳ぎが得意なうみぼうずから色々な泳ぎを教えてもらいます。くらげおよぎ・くじらおよぎ・バタフライ・イルカジャンプ・・・。あっという間にぐりとぐらもとても上手になっていて、まるで魔法のようです。

    ぐりとぐらの水着姿も可愛く、泳ぎのバリエーションも豊富で、とても楽しめました。

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思ったことが一緒!

    決して、読書好きではなかった子供時代。
    でも、ぐりとぐらシリーズは、大好きでした!
    当然、娘もぐりとぐらが大好き!

    娘と一緒に、この本を開いてみてビックリ!!
    (このお話、こどもの頃に読んだ!)はっきりと記憶に残っていました。
    特に印象深かったのは、うみぼうずの姿!
    (にんげんみたい…)と思ったことまで思い出しました。

    娘が学校で書いている読書ノート。
    感想の欄に「うみぼうずが、にんげんみたいだった」と書かれていました!
    時代を越えて、同じことを考えているのがおかしかったです。
    娘がお母さんになった時、また同じことがおこるかもしれないなぁ…と思うと、更に楽しくなりました!

    ぐりぐらシリーズは、永遠のベストセラーです!!

    投稿日:2013/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのかいすいよく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット