新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ノンタンボールまてまてまて」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ノンタンボールまてまてまて 作・絵:キヨノ サチコ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1982年09月
ISBN:9784032171006
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,420
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 遊びがいっぱい

    自分の懐かしさからノンタンシリーズを数冊集めました。
    その中で一番の息子のお気に入りの本がこれです。
    ボールぽーんぽーん。。。言葉を話す前のステージにはシンプルで聞きやすいリズム。
    そして、ボールはどこだ?と探したり、迷路をたのしんだり。
    ボールが落ちたのは、ねずみの家。細かくてかわいらしいイラストを見ながらたくさんおしゃべりが膨らみます。

    投稿日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 言葉が増えました!

    • ノナさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子1歳

    絵の中にかくれんぼしている物を探す本がうちに2冊あり、毎回楽しんで探しているので、この本を読み聞かせしてみました。

    他の物に紛れたボールを探すシーンは2回しかありませんでしたが、いつのまにか知っている物を探す本として読んでいます。

    にんじん、川、木、アリ、鳥、コップ・・言葉に出して言える物を片っ端から指差して言っています。この本は原っぱから畑や河原へ、(地下だけど)家の中から公園、幼稚園(?)とシーンがどんどん変わって、色々な物が背景に描かれています。知っている物が絶対見つかるはず。

    言葉にできないけれど知っている物はこちらから、「ノンタンどこにいる?」「泣いている子はどこ?」などと問いかけ、指差しを促しています。

    「ぽーん」という言葉も好きで、「ぽー!」と言いながらげんこつで頭に当たった仕草をして喜んでいます。

    この本のお陰で、言葉がとっても増えました。言葉の遅れを検診で指摘された事がずっと気になっていたので、本当に助かりました。

    投稿日:2014/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ボールで遊び始めるとたのしいですね

    1歳9か月の娘に読んでやりました。やっと?ボールで遊ぶようになったので、この本を読んでみたところとても楽しそうでしたよ。実感が伴ったというか、イメージがわいたからでしょうか。ちょっとしたかくれんぼもあって、どこにあるのかわからないながらも一生懸命探しているところもかわいいし、本人も楽しそう。ボールを追いかけているストーリーなので、次へとページをめくりたがるし・・・。ノンタンシリーズは娘も大好きです!

    投稿日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ノンタンは私が子どもの頃から馴染みのある絵本だったので、娘たちにもたくさん読んであげました。シリーズの中でもこの「ボールまてまてまて」は、ボールを追いかける楽しさと、間違い探しのように見つける楽しさが加わって、遊べる要素たっぷりの一冊です。

    1歳の頃から読みましたが、2〜3歳くらいになるとこの絵本の中の迷路にもハマっていたので、赤ちゃんから少し大きくなるまで長く読んでいけると思います。

    投稿日:2020/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知育にもおすすめ。

    ノンタンシリーズを集めています。
    ボールを探すページは、ちょっとしたクイズになっていて知育にもなると思います。
    1歳の娘は、適当に指さしていますが、楽しそうです。
    ボールぽーんぽーん、、、、と同じ言葉が何回もでてくるのですが、同じ言葉を何回も読むのが苦手なので星4にしました。

    投稿日:2020/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいノンタンのボール遊び

    ボールを投げたり、蹴ったりがちょっとできてきた1歳からお勧めです。

    これを読むと娘は大喜びで、ボール待て待て〜 と、自分でもボールを持ってきて、追いかけてキャッキャと遊んでます。

    ノンタンシリーズは本当に音読のリズムがすごくよく(ラップの韻を踏むのと似ているような。。。(笑))、子どもがまねをして読んだり覚えたりがすぐできます。
    ぽーん、とリズムがいいので、読んでいる大人も楽しいし、聞いたり一緒に繰り返したりするこどももすごーく喜びます!

    また絵も、ノンタンがボールに向かって背伸びしたり、おなじみの豚さんやうさぎさんが出てくるのもまたかわいくて、娘も、ぶたさーん、うさぎさーん、と指さしして楽しんでいます。

    ノンタンシリーズはどんどん集めたくなりますね。

    投稿日:2019/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • まてまて

    ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
    言葉もリズミカルに読めます。
    このお話は、ボールが転がって、ノンタンがひたすら追いかけるお話です。
    この絵本を読んだ後、子供が、「まてまて」という言葉を使いたがりました。
    何度も読んでアピールをしてきました。とても気に入ったようです。

    投稿日:2019/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボールというテーマがいいみたいです。

    自分が子供の頃にも読んでいたノンタンシリーズ。
    子供たちにも買って読んでいるのですが、1歳9ヶ月の娘には、このボールの絵本が大ヒット!
    ボールがどんどん逃げていくのを、ずっと目で追っています。
    何度も読んでとせがまれています。
    めいろもあるので、私が指でなぞるのをマネして、脳トレにもなるなぁと親子で楽しんでいます。

    投稿日:2017/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    自分が小さい頃大好きだったシリーズなので、
    どうしても手に取る機会が多くなります。
    こどもの反応がいいと、うれしくってまた読んじゃう。
    少し前まで、あまり聞いていてくれなくて
    好みではないのかな?とおもっていましたが、
    最近、猫に夢中な娘。そのせいか、すごく
    食い入るように見てくれるようになりました。
    ポーンポーンポーンという、リズムのいい音や
    ボールが弾んでいくイラストもたのしいようで
    キャッキャとわらって喜んでくれます。
    それ以上に喜んでいるのは4歳になる兄ですが。
    話の内容はもう物足りなくなっているかもしれない
    けど、ボール探しを楽しんだり、裏表紙の迷路を
    楽しんだりと、しかけがいっぱいのノンタンが
    変わらず大好きなようです。

    投稿日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール探し

    ボールを追いかけるノンタン。
    ボールはなかなかつかまらず、いろんな場所へ紛れこみます。
    ノンタンのボールどこかな?と子供とゲーム感覚で探しながら読むと、
    喜んでいました。似たような色や形の物の中から、
    上手にボールを見つけられると嬉しいようです☆

    投稿日:2013/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ノンタンボールまてまてまて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / うずらちゃんのかくれんぼ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット