もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

和菓子のほん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

和菓子のほん 作:中山圭子
絵:阿部 真由美
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784834023046
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,863
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 和菓子の図鑑のようです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳

    和菓子、大好きで昔よく食べていました。
    この本を見ると、和菓子と一口でいっても、いろいろな種類の和菓子があることがわかります。作られる工程も載っているので、今度和菓子を食べるときに、よく見てみようと思っています。

    洋菓子も素敵ですが、和菓子の世界も素敵ですね。改めて日本に生まれてよかったな〜と思いました。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとをかし

    奥ゆかしき京の四季がページいっぱいに広がります。
    字を読まなくても、見ているだけで楽しい。こんなに美味しそうに描けるって、画家はすごいですね。
    娘とあれこれ美味しそうなものを指さしあったり、自分の誕生日の頃のお菓子を眺めたり、食べる機会に恵まれると「あの本と同じだね!」と喜びあったり、和菓子の四季が自然と身に入ってきます。
    というより単純に、おいしい+嬉しさも味わえますよ。

    娘は月刊誌の頃にこれを読んでから、すっかり和菓子好き。特に京菓子にはひとかたならぬ興味を寄せ、いっときは和菓子職人になりたいと言っていたほどです。
    (ふつう幼児の夢って洋菓子屋なのにね)
    作り方も少し載っていましたよ。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「和菓子のほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット