おばけのばあ おばけのばあ おばけのばあの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
絵本作家デビュー50周年! 待望の描き下ろしあかちゃん絵本最新作
Pocketさん 40代・ママ

おばけもいないいないばぁ!
せなけいこさんのおばけ絵本、鋭い目つき…

魔女の宅急便」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

魔女の宅急便 作:角野 栄子
画:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:1985年01月25日
ISBN:9784834001198
評価スコア 4.87
評価ランキング 41
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作を知った娘

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     娘はジブリを先に見ている。同時にとても気に入ったようである。原作のこの角野栄子本を手にしたのも、その影響からとも想像できる。7歳にしてはかなりの文字量であるのに、一気に読んでしまった。それに、「ぜんぜんちがう!映画もおもしろいけど、こっちはもっとおもしろいよ」と興奮していたのを今も思い出す。
     キキ13歳といえば、中学生になるころの話である。文章を聞きながら、現実を捉えながら、1つずつ理解してうなずく娘。「心配は起きたときにすればいい」とか、「こんなことじゃいけない。何かあたしにできるものを見つけなきゃ」とか、自らのことのようにうなずくのでした。
     林明子の挿絵も控えめでよい。黒いペン書きから生まれた黒い魔女のキキとジジは、259ページの中を自由に飛び回って、いつも娘を見守っていてくれた気がする。独り立ちの苦さと甘さを味わった娘。すでに第二巻目を狙っていたのでした。感謝。

    投稿日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しみました。

    アニメの方も大好きで繰り返し数えきれないくらい見ていますが、原作は初めて読みました。

    小学2年生の娘に、夜寝る前に少しずつ。
    もう、一人でも読める年ですが、私も読みたかったので親子で楽しみました。

    キキが親元を離れて、知らない町で過ごす一年間が描かれています。
    魔女についてのことが詳しく書いてあったり、アニメとはまた違った一面を見られたり、キキやジジのこと、色々と知ることが出来ました。
    今までも大好きでしたが、さらにキキやジジに愛着が湧いた気がします。

    シリーズで沢山でているので、娘と一緒に少しずつ読んでいきたいと思います。

    投稿日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「魔女の宅急便」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット