ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひなまつりの豆知識も学べます!
ぼんぬさん 40代・ママ

絵本としてのストーリーと日本の文化に楽…
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られ…

さくらいろのランドセル」 大人が読んだ みんなの声

さくらいろのランドセル 作:さえぐさ ひろこ
絵:いしい つとむ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784774610832
評価スコア 3.74
評価ランキング 34,508
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「友だち」と合わせることって…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    今度1年生のクラスに持っていく絵本を探していて、この絵本を読んでみたのですが…。

    絵は可愛いし、ラストはお友達と仲良く学校へ行く姿が描かれていて、明るい終わり方ですが、
    ランドセルの色のことで、主人公のさながあれこれ悩むシーンが長く、子どもたちがこの話を聞いた時、この嫌な気分に同調してしまったら楽しい朝読の時間が苦痛になってしまう気がしました。

    友達との約束を大事にすることは悪くないですが、その約束にとらわれ過ぎて、本当に大事なことが見えなくなってしまうのは困ります。

    最近の子どもたちは「仲間外れにされないために」常にだれかと同じものを選択するとか、意志の強い子のいわれたままに行動するところも見えるので、
    果たして、この絵本を子供たちに読んでいいのかな?と思い、評価は低めにしました。

    投稿日:2011/05/07

    参考になりました
    感謝
    4
  • 友達との約束

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    表紙がいいなと思って手に取りました。
    仲良しのお友達といっしょに「さくらいろのランドセルにしよう」と約束をした女の子が主人公。しかし、事情を知らないおばあちゃんからさくらいろではないランドセルが贈られます。こんなことってあるかも、と思います。
    友達との約束を守れない…と悩む女の子がかわいそうでした。この子もおばあちゃんも悪い人は誰もいないのに…。
    個人的に新一年生には楽しい気分で臨んでもらいたい気がします。ラストはハッピーエンドはハッピーエンドなのですがあの悩みは何だったの、なんだかなーという気がしてあまりしっくりときませんでした。

    投稿日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある・・・

    さくらいろ
    ランドセル

    わくわくする季節です


    「いっしょ」
    「おそろい」
    「絶対!そうしようね!」
    「約束だよ」

    友達「だから」
    絶対?そうしなくちゃだめなの?
    と、思ってしまいます

    でも、この時期の女の子達って
    こんなことが、日常的に「ある」んですよね
    それで、安心するのかな

    「協調」ではなく
    ただ単に
    「安心」するためなのかも・・・

    本当に気が合えばいいけど
    気を遣い過ぎて・・・だと
    今のご時世は大変そう

    みんながみんな同じ気持ちって
    限らないものね

    でも、そんなことも体験して
    少しずつ覚えていくのかな

    まぁ、こんなこともあるさ!
    みたいに、軽い気持ちで
    読んだ方がいいのかな?
    おばさんのとりこし苦労かな(^^ゞ

    投稿日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ランドセルの約束

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    桜が咲いたら、ランドセルしょって一年生。
    らんちゃんとさなちゃんは、なかよし女の子。
    いっしょにブランコこいで、桜のつぼみを見て、ほしいのは、さくらいろのランドセルとらんちゃん。
    ふたりは、いっしょにさくらいろのランドセルにしようと約束をするのですが…

    ふたりの思いとは、別のところで、別の力が働いて、思うようにいかないこともあって、さてさて、どうなるのでしょう。ふたりの気持ちのうつりかわりに寄り添って、同じ思いをしたことのある子どもたちもきっといるはず…
    なんだか、とっても身近に感じることができました。

    投稿日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな色のランドセル

    なんとも複雑な女の子の心を描いたお話。
    読み終わった後、
    子どものころの女の子同士の世界を
    思い出してせつなくなりました。
    そうやって、切磋琢磨していって
    女子の世界を潜り抜けて
    大人になっていく、女の子諸君。
    でも、そういう時期も必要だと思います。

    それにしても、いろんなランドセルが売っているにもかかわらず、
    やっぱり赤と黒が多いなーと思う今日この頃です。

    投稿日:2009/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の色

    表紙の桜の色がとても素敵なピンク色で気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公達が春を楽しみにする気持ちがとてもよく伝わってくる作品でした。桜の花が春を告げるという風流な習慣がある日本に生まれてとても幸せだという事もこの絵本の御蔭で気づく事が出来ました。特に印象に残ったのは主人公達の後ろ姿です。喜びが滲み出ていてとても心に響きました。表情を描かずとも後姿だけで気持ちを表現できるいしいつとむさんは力があるな!と感服しました。

    投稿日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さくらいろのランドセル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット