しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

密林一きれいなひょうの話」 大人が読んだ みんなの声

密林一きれいなひょうの話 おはなし:工藤 直子
え:和田 誠
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年02月01日
ISBN:9784907613198
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,525
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  この絵本は元々1975年に銀河社というところから刊行されていたようです。
     それを今回(2018年)瑞雲舎が復刊しました。
     おはなしを書いたのが詩人で童話作家の工藤直子さん、絵を描いたのは人気イラストレーターの和田誠さん。
     そんなビッグネームの二人の作品でも埋もれてしまうこともあるのですね。
     しかも、それがつまらない話ならともかく、とっても素敵なおはなしなのに、です。
     なので、今回この絵本を復刊してくれた瑞雲舎には感謝です。

     このおはなしがどれだけ素敵か、これからお話しましょう。
     あるとき、ひょうのからだからきれいな「はんてん」が消えてしまいます。
     残ったのは3まいの「はんてん」。のこりの「はんてん」はどうもひょうのからだから家出をしてしまったようです。
     3まいの「はんてん」を持って、ひょうはさがしにいきます。
     途中でワニとかカエルとかまんとひひに会って、「はんてん」のゆくえを尋ねますが、逆に「はんてん」を気にいられて、とうとう一枚の「はんてん」もなくなってしまいます。
     でも、「はんてん」がちょうちょになりたくて家出したことをつきとめます。
     それでは、もしかしたらちょうちょが「はんてん」になりたいかもしれないと、ちょうちょに「はんてん」になってくれるようにたのみます。
     そして、どうでしょう。
     この絵本のタイトルのできあがりです。
     この時の和田誠さんの絵の、素敵なこと。
     こんなひょうが動物園にいたら、いいでしょうね。

     え? どんなひょうかって。
     それは絵本を開いてのお楽しみ。

    投稿日:2018/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大事なものと言ってる割には、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    意外にやすやすと自分の斑点を相手に渡してしまうひょう。私はちょうちょが昆虫の中で一番苦手ですが、このひょうを見てると、何とも愛らしく憎めない。失ったものの代わりに得るものがあった。相手の為に何かしてあげたくなる本ですね。

    投稿日:2018/03/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自慢の斑点

    つやつや、ぴかぴかの素敵な自慢の斑点が、「はあっくしょん!」と、くしゃみをして目が覚めたら、背中の斑点がなくなっているのに気がつきました。ひょうは、残っているたった3枚の斑点を持って家出した斑点探しに出かけました。途中であった、ワニとかえるとまんとひひに、斑点の行方を尋ねると、大切な斑点が気に入られてあげてしまったひょうでした。まんとひひからたくさんの斑点が空お飛んでいた話を聞いて、ひょうは、ちょうちょに家出した斑点のかわりに、斑点になってもらったお話でした。ちょうちょが、ひょうのからだにとまってくれて斑点になったので密林一の綺麗なひょうになったのです。また、家出されないようにね!

    投稿日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「密林一きれいなひょうの話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット