うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

わたしのぼうし」 大人が読んだ みんなの声

わたしのぼうし 作・絵:さのようこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年7月
ISBN:9784591004999
評価スコア 4.83
評価ランキング 145
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 帽子への気持ちが、丁寧に描かれています

    文章も絵もさりげない感じですが、こういう感じの絵本は好きです。
    私の帽子への気持ちが、丁寧に描かれています。
    子供の時に、大切にしていた小物というものは、ちょっとした不注意がもとで、手の届かないものになってしまったりします。
    作者の幼少のころであろう主人公は、大好きなアイスクリームも
    食べずに泣き続けます。
    私も父親に抱かれて、デパートを少し回る間に、持っていたちいさな
    ハンドバッグが消えてしまったことがあります。
    後半、主人公が、新しい帽子にどんなふうになじんでゆくかも
    可愛らしく描かれています。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  •  絵本作家の佐野洋子さんは、エッセイでしばしば、幼くして亡くなった自身の兄について綴っています。当然佐野さんも幼かったわけですが、兄はやさしく、自分を守ってくれる白馬の騎士でもあったのでしょう。
     そんな気分がこの絵本にはあふれています。
     羊にかまれた「わたしのぼうし」を引っ張ってくれたのも「おにいさん」だったし、デパートでまいごになった時「わたしのぼうし」でわたしを見つけてくれたのも「おにいさん」だった。
     買い物に行くにも、とんぼとりに行くときにも、わたしの手をしっかり握ってくれたのは「おにいさん」。
     このように、この絵本に登場する「おにいさん」はとってもやさしい。

     絵本では、ある日汽車でおばさんの家に行く途中でわたしはお気に入りの帽子を風で飛ばしてしまいます。
     それでおとうさんがお兄さんとわたしに新しい帽子を買ってきてくれるのですが、わたしはなかなかなじめません。
     なじめない女の子の気持ちもいじらしくて、かわいい。
     それがあるきっかけで、また「わたしのぼうし」になるのですが、そのきっかけは絵本を読むお楽しみにしましょう。

     この絵本のようなことが佐野さんの小さい頃に本当にあったのかわかりませんが、きっと誰もがそんなふわふわした、甘酸っぱい思い出をもっているような気がします。
     表紙の「おにいさん」を見つめるわたしはまるで恋人を見つめるようでもあります。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字が多いですが、とっても読み聞かせやすく、読んでもらいやすい絵本だと思います。
    この絵本がちがうのは、なんだかとっても人間らしい気持ちが文章に現れていることです。特に反抗期にはいった子供は、帽子をなくしてしまって新しいものに馴染めなくて、不機嫌な女の子の気持ちに共感できるのではないかと思います。
    今まで読んだ絵本にはないこのストーリーがきっかけで、本って面白いなーと思うかもしれませんね。
    ページの手触りも普通の髪質と違います。カラフルな柄なわけではないですが、ストーリー重視でおすすめな絵本です。

    掲載日:2014/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしのぼうし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット