くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

子どもとよむ日本の昔ばなし25 かにじょうまんの星」 大人が読んだ みんなの声

子どもとよむ日本の昔ばなし25 かにじょうまんの星 絵:げんか ひでみ
再話:おざわ としお つはこ よねこ
出版社:くもん出版
本体価格:\450+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784774312477
評価スコア 3.83
評価ランキング 31,872
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話

    くもん出版の子供と読む昔話シリーズが好きなのでこの絵本を選びました。沖縄の素敵な話を美しい絵と共に表現しているところが良かったです。人のことを羨み文句を言うのではなく何故だろうと疑問を持ち実際に行動してみる主人公達は素晴らしいと思いました。行動してこそチャンスを掴めることを教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • てのひらサイズ絵本

    子供と読む日本の昔話てのひらサイズの絵本です。

    人間は生まれると同時に、神様から星を授かり、福の大きい人は、大き

    な星を貰い、小さい人は、小さい星を貰う。おじいとおばあの星は、蛍

    より小さい星なことを知り、福の大きいかにじょうまんの星を20年間

    貸してもらう。その人が生まれたらすぐ返す条件で借りた二人です。

    おじいとおばあが約束を守ったから、二人はいつまでも幸せに暮らせた

    のだと思いました。かにじょうまんが大きくなるにつれて、その家がお

    金持ちになれたのも欲がなく、おじいやおばあ、かにじょうまん、母親

    と四人共お互いに思いやり暮らしているから幸せに暮らせて、村中の人

    たちから慕われたのだと思い、とても癒されました。感謝の気持ちを忘

    れないでいたんだと思いました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「子どもとよむ日本の昔ばなし25 かにじょうまんの星」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / くだもの / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット