おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!? おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ゆきやまのスキー場からいらいがとどいた。なんとゆきやまにでるかいぶつをみつけてほしいというのだ。はたして、かいぶつは…。

ぼくとおとうさんのテッド」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくとおとうさんのテッド 作・絵:トニー・ディテルリッジ
訳:安藤哲也
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784894235854
評価スコア 4.84
評価ランキング 116
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんにお薦めの一冊

    僕に見えるテッドは、僕にとってとても仲の良い友だち。
    でもお父さんには見えないらしい。
    テッドの提案する遊びはとても破天荒ですが、奔放な子どもの遊び心をみごとに表現しています。
    過激に遊んで、とうとうお父さんを怒らせてしまうのですが、お父さんが昔なくした光線銃を見つけたとき、お父さんは本当のお父さんになったような気がします。
    自分にとって子育てって何だろう?
    自分にとってのテッドはどこだろう?
    父親が父親になるためには、大人になることではなくて子どもだったことを思い出すことかも知れません。
    子どもには楽しく、お父さんにはチョッピリ父親業テキストのような絵本でした。

    楽しいだけではなく翻訳者の力の入った一冊と見ました。
    なにせ、訳者の安藤哲也さんはパパ‘s&絵本プロジェクトメンバーであり、絵本ナビの取締役(非常勤)とか。
    父親に寄せる熱い思いを感じた一冊です。

    投稿日:2010/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  •  父の日には、この絵本もお薦めですね。

     最初に手にしたときには、デッドのキャラに度肝を抜かれた感じでした。
     ディズニー映画の何かに登場していたような、インパクトがありますね。
     ぼくとテッドの楽しい時間に、口をあんぐりというシーンもありましたが、これぞこどもの遊び心だよな〜、と納得。

     パパが大人になってもらわなければ、確かに困ることは多いけれど、こどもと遊ぶ時には、ママに一緒に叱られるくらいのはめの外し方もステキです。

     パパにとってのネッドをパパが思い出し、ネッドが見えたときには、とても嬉しくなりました。

     パパは決して悪くない。
     でも、大人はたくさんの事を抱えているのです。
     でも、こども心に返って、夢中になる時間も、パパのリフレッシュタイムになるのだと信じたい。
     もちろん、ママも。
     お片づけも、時間も忘れて、はじけっちゃった時の私を、息子は目を大きくして喜んでいましたものね。

     息子には、テッドはまだ見えているかしら?

    投稿日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロックな絵本です☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    娘も息子も もちろん私も 大好きな絵本となりました。
    届いたその日に みんな何度も読みました☆

    「『妖精図鑑』書いた人の本だ〜!」と息子が言うと
    「どおりで テッドの表情がブラウニにと似てると思った。」と娘。
    そして…2人の共通の感想は
    「お父さんにも読ませたい〜!」ってこと。
    実は 私もそう思いました。
    私は 夫がやんちゃ坊主だった時代を知っているんですよ(笑)。
    だから この絵本を読んだら きっと夫に「気づき」が起こり
    心を砕いて 子どもとの遊びを楽しんでくれるはず…と直感しました。
    でもそれは 夫だけではなく 
    私にも起こった「気づき」でもあったのですが…。
    「きみのお父さんは、いつからあんなに、つまらないやつになったんだい?」っていう
    テッドの言葉が 私の胸にチクッときました☆
    子ども時代のワクワク感を 
    子どもと一緒に 
    もう一度経験したいと思わせてくれる素敵な絵本でした。
    そして…将来 お父さん、お母さんになる子ども達の心にも 
    大きく響く絵本でもあると思いました。
    そんな ロックな絵本です(笑)
    これは 訳を安藤パパが出かけているからなんでしょうね。
    セリフなんて とてもイキイキとしていて 吹き替えの映画をみているかの様です。

    今回は 息子に購入しましたが 是非娘の為にもう一冊欲しいです☆

    投稿日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくとおとうさんのテッド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / よるくま / どんどこ ももんちゃん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット