いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

てぶくろ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

てぶくろ 作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1965年11月
ISBN:9784834000504
評価スコア 4.74
評価ランキング 883
みんなの声 総数 338
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 発表会の劇のお話しでした

    • k7さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子2歳

    息子の年年少の頃の、発表会の劇でこのてぶくろのお話しをしてくれました。この絵本の動物が結構リアルに描かれていて、大人がこの絵本をさらっと読むと、初めの印象はしぶいお話しだなと感じます。

    おじいさんが雪道の中てぶくろを落としてしまい、てぶくろの中に動物たちが寒さをしのぎにやってくるのですが、ねずみさんが来て〜かえるさんが来て〜というお話しに、2さいから3さいくらいの子ともにとってはきっと次々に動物さんが遊びに来てワクワクすると感じるのかな・・・と思ったので、子供に読む時には、そのワクワク感をだすようひと工夫加えて読んでみようと、試してみました☆

    長男の劇は、みんなとってもかわいらしく演じていて、我が家にとっては思いでの1冊です。

    投稿日:2018/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまいち

    良さそうだったので購入しましたが、一度読んだきりです。絵はなかなか可愛いいのですが、内容が同じことの繰り返しで娘があまりくいつかなかったのかもしれません。私もよくわかりませんでした。また時期を改めて読んでみようと思いました。

    投稿日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • てぶくろ

    私が子供の頃、家にあって何度も何度も
    読み返した絵本です。

    娘に読んであげたくて、我が家の本として購入しました。

    とてもあったかそうな手袋に、皆がぎゅうぎゅうに入って、
    今にもはりさけそうなところとか、
    いつの間にか手袋に窓がついていたり…、
    とても懐かしい絵でした。
    今読むと絵だけではなくて、訳も時代を全く感じさせない、
    素敵なものだと思いました。

    娘は動物好きなので、次から次へと増える動物に
    喜んでいました。

    投稿日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい満員

    すごい、どうしてこんなに入っちゃうの!?
    普通のおじいさんのてぶくろなのに動物がいっぱい!
    最後にきたクマも入れてもらえたみたいだけど、
    そのクマが入った絵はないのでどうやって入ったのか気になります。
    でもどうしてこの満員のてぶくろにみんな入りたがったのでしょう?
    みんな集まっている場所が魅力的に見えるのかな。
    ありえないんだけど想像力がかきたてられて楽しい絵本です。

    投稿日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に必ず読みたくなるほのぼの絵本

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    手袋を出す季節になると読みたくなるのがこの絵本。

    おじいさんが落としたてぶくろに
    ねずみが住み着いて、次にかえるが住み着いて…
    小さいはずのてぶくろに次第にたくさんの動物が入ってきます。

    あれあれ?まだ入れるの?
    入っちゃったよ。
    今度は無理じゃない?
    大丈夫だよ。

    と子供たちもドキドキしながら読み進めます。

    雪げしきもきれいな絵本です。
    冬にぜひ読んでみてくださいね。

    投稿日:2008/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不朽の名作

    • ニルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子4歳、女の子2歳、女の子0歳

    わたし自身も子供のころ読んでいた絵本です。
    その当時の本を大事にとっておき、今は子供に読んであげています

    動物たちがどんどん登場し、「どうぞ」というところが、テンポがよく、そして何とも言えずあったかで、何度読んでも心がほんわかします。

    投稿日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかてぶくろ

    おじいさんが落としていったてぶくろにねずみが住み着いて
    いろいろな動物たちも仲間入りして。
    そこへおおかみもやってきて・・たいへん、食べられちゃう?
    いいえ。おおかみも「まあいいでしょう」と招き入れられます。
    さらにいのししやくままでやってきて、たいへん、てぶくろはちきれちゃう?
    いいえ。超満員のてぶくろはそれでもはちきれることはありません。
    こいぬにほえたてられ、逃げていった動物たち。
    おじいさんが戻って来たときには、
    そこにはてぶくろが何事もなかったように落ちていたのでしょう。
    「何がおこるの?」と読み進めると何の事件もおこらない。
    それがなんだか妙におかしくて楽しいと思いました。
    大事件やびっくりするようなオチはありませんが
    満員になったてぶくろがむくむくうごいている様子や
    犬にほえられ一気に森へ散っていく動物たちの様子など
    目に浮かぶようで読んでいてとても楽しくなるおはなしです。

    投稿日:2008/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    この絵本は、先日格安で譲ってもらい、読むことができました。
    息子は気に入ったみたいで、何度もリクエストしてきます。
    「おおきなかぶ」などもそうですが、民話とか昔話はこういう「何かが増えていく」お話が多いですよね。
    しかもありえないくらい増えていく。
    子どももこういうの大好きです。

    おじいさんが落としていった手袋に、
    ねずみ、かえる・・・とどんどん住人が増えていき、
    おおかみやくま、いのししまで!? それはさすがに無理でしょう〜。
    と言いながらも、入ってしまいます。
    「ほんのはじっこにしてくださいよ」っていうのが個人的にツボで、「こんなに大きいのに??」って笑ってしまいました。

    言い回しとかがちょっと昔の日本語っぽいけれど、それもまた味があって、きれいな日本語なので声に出して読むとうっとりしてしまいます。

    ただ一つ、最後のページが、絵の割に文章が多いので、
    もうちょっと絵に語らせてほしかったような気がしました。
    逃げていく動物達の絵があった方が、子どもには分かりやすかったかな。
    このあたりは好みですかね・・・。

    投稿日:2008/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい気持ち。

    • べり〜さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    有名な絵本だったので、図書館で借りてみました。
    絵は、ちょっと子供が好きそうな感じではなかったのですが、
    読み始めたら、どんどん絵本の世界にのめりこんでいく感じでした。

    ページをめくるたびに、1匹づつ動物が増えていき、
    みんなでギューギューになって手袋に入っている姿が、
    何だか温かい気持ちになります。

    冬になったら読んであげたい1冊でした。

    投稿日:2008/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てぶくろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / オニじゃないよ おにぎりだよ / ママがおばけになっちゃった!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

全ページためしよみ
年齢別絵本セット