くわがたむしのなつ くわがたむしのなつ
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏の新ていばん!人間達の知らないくわがたむしのドラマ!

かにこちゃん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

かにこちゃん 作:きしだ えりこ
絵:ほりうち せいいち
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784774313740
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,935
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • わかりやすい。

    最近家族で釣りブームです。
    娘も魚好きになり、海関連の絵本を探していました。
    こちらは、かにこちゃんとその仲間しか出てこないので、蟹と赤を覚えてくれるかもと期待しています。
    内容は、たぶん蟹の1日ってこんな感じなんだろうなって感じで、可愛いく感じています。
    蟹座ということもあり贔屓目かもですが、、、。

    投稿日:2019/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かに

    お出掛けした、商業施設の子供スペースに置いてあった絵本です。
    周りがざわざわしていた中、何冊か読んでみましたが、この絵本は大人しく聞いてくれました。
    かにこちゃんがかわいいです。
    かにこちゃんの1日がかかれています。
    個人的に、絵が、まるでポスターのようだと思いました。
    海の色が一般的な青色ではなかったり、貝殻が本来の色と違ってアート的だったり。
    夕日のシーンが、一番カラフルで、強く印象が残りました。

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空で言える程読んでます

    もう何度読んだかわかりません。
    読み終わると「もう1回!」と言葉も上手に話せない頃からサインで要求され、
    繰り返し繰り返し読んできました。
    今ではすっかり頭に入ってしまい、本がなくても諳んじることが出来る程(笑)

    すこすこすこすこ
    という繰り返しの音がまだ小さい子供には楽しいようです。
    また、みんな−かにこちゃん、小さい−大きいなどの表現の対比も面白いのかな。
    当時まだ見たことがなかった「海」という未知の世界が
    この本には詰め込まれていて、不思議で仕方なかったのかも。

    イラストも親しみやすくわかりやすくていいですね。
    色がハッキリしていてダイナミックな感じは飽きがきません。
    かにこちゃんの真似をして、
    不器用な手つきで一生懸命チョキをしようとしている姿がほほえましかったです。

    最近では生後数か月の息子も一緒に見るようになったので、
    まだまだ活躍しそうな1冊です。

    投稿日:2013/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩く音が特徴的ですね

    日が昇って沈むまでの海辺のカニの一日が
    波の風景とともに描かれています。

    すこすこすこ、とカニの歩く音が特徴的で面白いですね。
    時間によって変化する波や雲、空模様などもきれい。
    息子はやはりかにこちゃんの歩く様子が好きで、
    一緒にすこすこ・・とニコニコしながら読んでいます。

    この絵本の中のカニはシオマネキなんですね。
    実物は見たことあったかな?
    夏になったら息子と海で探したいと思いました。

    投稿日:2012/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番最初に大好きになった絵本

    子供が一番最初に大好きになった絵本で
    まだ1歳前でしたが、繰り返し出てくる「すこすこすこすこ」が一番好きでした。
    おはようやさようなら日常で使う言葉もこの絵本から覚えたと思います。
    『どどどどざぶーん』も迫力つけて読むととても喜びました。
    赤色が多く使われているのも脳に良い刺激がいき、集中して見てくれるので
    小さい時期から読み聞かせできるポイントだと思います♪

    投稿日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かにこちゃん大好き

    公文のこそだてちえぶくろに参加した際いただきました。

    全体的に非常にリズムが良く、読んでいる方も楽しくなります。

    大きい波が打ち寄せてくる場面では
    絵本を波のように
    遠くからこどもの目の前へざぶ〜んと動かしたり、

    「すこすこ」とかにこちゃんたちが歩く場面では
    指を動かしてこどもの体をのぼってみたり、

    そんな読み方をしていたらこどももすごく気に入って、
    かにこちゃんが出てくると
    かにこちゃんを指差して喜ぶようになりました☆

    かにこちゃん大好きの息子☆
    ただ・・・今後かにを食べさせてあげる時のことを考えると
    少し複雑です・・・(苦笑)

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も文章も素敵

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    カラフルなかわいい絵が1歳の娘にいいかなぁと思い、図書館から借りてきました。
    かにこちゃんっていう名前もかわいいし。
    読んでみたら、思った以上にいい絵本で、嬉しくなってしまいました。
    娘は、かにこちゃんが歩くときの「すこすこすこ」という音が気に入ったようで、体を少し揺らしながら「すこすこすこ」と読んであげると声を出して笑います。
    青い海も、真っ赤な夕日の海も、とてもきれいに描かれていて素敵。
    絵も文章も満足できる、おすすめの赤ちゃん絵本です。

    投稿日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かにしゃん

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    知り合いのこに読んであげたときに
    喜んで聞いてくれました。
    カニの一日の様子が楽しかったようで
    「カニシャン」「ピシャピシャ」
    と、たくさん声を上げて一緒に読んでくれました。
    同じ言葉の繰り返しもあって、
    とても読みやすかったです。

    我が家の子供達も一緒にカニの真似をして
    楽しんでいましたよ。

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海と太陽

    文章がとても優しく語りかけ絵本で、親近感がもてます。「おおきい なみは どどどど ざぶーん みんなで にげよう すこ すこ すこ すこ」とても優しくなれます。かにさんが、ぶつかった時でも、さりげなく仲直りさせているし、文章にも、」かわいいかにさんの絵にも癒されます。海と太陽の一日の変化が楽しめます。

    投稿日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の黄色

    表紙の黄色に惹かれてこの絵本を選びました。堀内誠一さんの作品だと知らずに選んだのですが中身を読み進めるうちにやはり堀内さんの作品だと納得できる絵本でした。主人公とお日様がとても仲良しだという事が伝わってくる絵本でした。私が素敵だなと思ったのは刻々と変化する海の表情と色です。夕暮れの場面は圧巻でした。お日様の偉大さと海の懐の大きさを感じられる力強い絵でした。私も海で夕陽を見たくなってしまいました。

    投稿日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かにこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット