宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼく、あぶらぜみ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼく、あぶらぜみ 作:得田 之久
絵:たかはし きよし
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023411
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,339
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時間の感覚が難しいかな。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    夏の間、毎日うるさいくらい一生懸命鳴くセミたちを見て、
    我が家の3歳児は興味津々。
    ついに、週末には、虫取り網を買ってきて、セミ取りに行きました。
    (取るのはもっぱらパパですが・・・私は無理!)
    でも、この絵本を読んで、セミは短い間しか生きることができないと言い聞かせているので、
    虫かごは買わずに、キャッチ&リリースで虫取りを楽しんでいます。

    「かがくのとも」は5〜6歳向けとありますね。
    ウチのはまだ3歳なので、ちょっと難しかったみたいです。
    1年とか2年とか、そういう長いスパンでの時間感覚がまだないので、
    「きみたちがうまれてから 5さいになるまでと おなじくらいのながさなんだ」
    と言われても、まだ5歳にもなってないし、全然ピンと来ず、理解してないっぽいです(汗)
    しかし、セミに対する興味は人一倍なので、
    これから夏が来るたびに、少しずつ新しい発見をしながら、毎年楽しめる絵本になるでしょう☆

    投稿日:2009/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼく、あぶらぜみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット