なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ゆうこのキャベツぼうし」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆうこのキャベツぼうし 作・絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784834023282
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,747
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなで楽しもうよ

    おおきなキャベツをまるまるもらったゆうこ。

    帰る途中暑くなったので葉を一枚はがして

    帽子のかわりにします。

    これが始まりです。

    ここから楽しい話が始まりました。

    帰り道、すれ違う動物たちも一緒になって

    キャベツを帽子をかぶります。

    途中で怖そうなオオカミが出てきてから

    どうなるかと思いましたが、オオカミも仲間に

    なりたかったのです。

    絵本でオオカミがでてくるときはたいてい悪者ですが

    今回のオオカミはそうではなく、むしろかわいらしい

    性格でした。

    裏表紙のオオカミが味があっていいです。

    投稿日:2013/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツをかぶる

    キャベツをかぶるなんて、かわいい発想に思わずわらってしまいました。

    おおかみ鬼に本当のおおかみが出できて、娘もこわがっておりましたが、優しいおおかみで一安心

    みんなにキャベツをあげるゆうこの優しさにも触れられます。

    キャベツが好きになりそう

    投稿日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間が増えるキャベツ帽子

    キャベツの葉をはがして帽子にするという子供らしい発想のお話です。それを被って皆でおにごっこをするのですが、何と、おおかみまでやってきました!おおかみも実は一緒に遊びたかったようで・・・このあたりが、クライマックスでしょうか。どきどきしてしまいます。

    こういう絵本を読むと、一度は試してみないと!という気になってしまいますね。今度、一番外側の捨てる部分でやってみようかと思います。

    投稿日:2011/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 老舗

    ゆうこちゃんシリーズ(?)
    うちの子は、前に読んだ『ゆうこのあさごはん』を
    気に入ってたので、図書館で借りてみました。
    今回の反応は、イマイチかな〜?
    山脇百合子さんの作品は、老舗絵本って感じですね。
    恥ずかしながら、最近知ったのですが、「ぐりとぐら」も
    山脇百合子さんの絵なんだぁ。
    さすが、「老舗」です!

    投稿日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきなキャベツ

    大きなキャベツをもらったゆうこ。
    キャベツをかかえて歩いていると暑くなったので、キャベツの葉を一枚、帽子の代わりにかぶりました。
    こぐまやこぎつねに会うと、みんなキャベツ帽子をかぶりたがって...。

    少しハラハラ、でも最後はみんなニコニコ。

    最後のおおかみの行動がかわいいです。

    この本に出てくる「おおかみおに」っていう遊びは本当にあるのかな?それとも山脇さんの創作なのでしょうか。

    ウチに大きいキャベツがあったとき、まねして息子たちに葉をかぶらせてみました(笑)

    投稿日:2010/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみさん、嬉しかったんだね!

    ゆうこと森の動物たちがキャベツぼうしをかぶり、「おおかみおに」という遊びをしていると、なんとそこに本当のオオカミが!みんな慌てて逃げ出しますが、実はオオカミもみんなと遊びたくてやってきたのです。

    オオカミの登場で、え〜どうなるの??とヒヤヒヤしてしまいましたが、意外な展開でホッとしました^^
    最後に森のみんなはお家に帰るとキャベツぼうしを食べてしまうのですが、オオカミは食べずに大切そうに取っておいたというのが可愛らしいですね。
    よっぽどみんなと遊べたことが嬉しかったんですね。
    オオカミ=怖いというイメージがありますが、見かけで判断してはいけないよということを教えられたような気もします。
    娘はやっぱりキャベツ帽子が気に入ったようで、「きゃべつぼうし作って〜!」と言っています。

    投稿日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきっとする

    ゆうこちゃんがお友達の動物にキャベツをあげ、みんなキャベツをかぶって帽子にする。
    オオカミ鬼ごっこという遊びをしていると、本物のオオカミがでてきて、オオカミもキャベツの帽子をかぶって一緒に遊ぶ。
    遊び終わったみんなはお家へ帰ってキャベツ料理を食べる。
    オオカミはキャベツ帽子を食べずに大事にするお話。

    絵本の感想は
    3歳娘、突然気の後ろからオオカミがでてくるところがびっくりしたそうです。怖い狼と一緒に鬼ごっこしているけど、3歳娘は狼と一緒に遊んでることが不思議だった様子。
    ドキドキしておもしろかったそうです。

    我が子は野菜嫌いでキャベツを食べませんが、
    キャベツ料理にも興味がわくかもしれません。

    投稿日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなキャベツ

    キャベツをぼうしにしてしまう発想がかわいいと思いました。キャベツも大玉はほんとうに大人も帽子にできてしまうほど大きいですからね。
    ゆうこは出会う動物にキャベツの葉を1枚ずつあげるところがかわいいです。
    おおかみおにをやっていて本当のおおかみが出てきたときはドキドキしましたが、たのしく遊べてよかったです。
    きっと遊んだ後にキャベツを食べたのでみんなキャベツがよりおいしくなったでしょうね。
    絵本を読んだ後ロールキャベツが食べたくなりました。
    娘もキャベツは好きでパリパリ食べています。

    投稿日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子達と何度も読みました。

    • にふらーさん
    • 40代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子12歳、女の子10歳、男の子7歳

    うちの子供たちが小さかったとき、ペーパーバック版の「こどものとも」で出ていましたね。
    やさしい絵とほのぼの心あたたまるストーリーで、当時の子供たちのお気に入り絵本でした。
    ペーパーバックなので表紙も中のページも、破れたり、曲がったりしたのを何度も修復して、それでも大事に大事に何度も読みました。

    「おおかみは キャベツぼうしを たべずに だいじに とっておきました。」とさらっと書かれているのですが、このフレーズが一番好きなんです。おおかみさんのうれしそうな顔と一緒に、心に残ります。

    投稿日:2008/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆうこのキャベツぼうし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • カブトくん
    カブトくんの試し読みができます!
    カブトくん
    作・絵:タダ サトシ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    今年でなんと成人式!愛されて20年の昆虫愛ロングセラー


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット