新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

白い牛をおいかけて」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

白い牛をおいかけて 作:トレイス・シーモア
絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳:三原 泉
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2008年04月
ISBN:9784902257120
評価スコア 4.3
評価ランキング 18,825
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆったりと流れる時間

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    何故こんなにも惹きつけられるのか…
    私はこの絵本がずっと気になっています。

    逃げ出した白い牛を捕まえるために、次々にやってくる助っ人のおじさんたち。

    繰り返し白い牛を評するその言葉や、白い牛に翻弄されて帰ってくる様子は
    穏やかなユーモアで描かれていて、全体にゆったりした時間が心地良い。

    ちょっと褪せたような色遣いの、細かく描き込まれた絵からは、
    デニムの、ネコの毛の、草の実の、トウモロコシの葉の質感が伝わってきて、
    昔の外国の映画を見ているようでした。

    そして予想通りではなかった結末にも、繰り返し読む内に、これでいいか〜と
    思ってしまうのでした。

    投稿日:2008/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほのぼのした気分に

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    白い牛って、神秘的ですよね。その牛がいなくなったというから、見たい!という気持ちがそそられました。
    お父さんをはじめ、大の男達が牛をつかまえに行くのに、なかなかつかまえられない、、、いったいどんなに賢い牛なんだろう。牛だけどすばしっこいのかなあって疑問がどんどんわいていきました。
    女の子が白い牛を見つける場面は、ほんとにどきどきします。相手が女の子だからか、白い牛がおとなしく対応しているところがおもしろいですね。
    白い牛一頭に対して、人間たちが奮闘するようすが、こっけいにも思われて、自然の力に人間の力はおよばないだなあって、思ったりもしました。
    でも、こういったできごとが日常で起こる生活って、のんびりしててあこがれます。ほのぼのした気持ちになれる絵本でした。

    投稿日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好評。

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    アメリカの片田舎のほのぼのわくわくエピソード
    といったところですかね。個人的には白い牛をめぐっての
    田舎のおっさん、おじいさん達の奮闘ぶりが
    かなり好きです。ちょっとあの名作「大きなかぶ」に
    近いものがあるかも知れないです。
    失敗して帰ってきたおっさん達の格好が回を重ねる
    ごとにグダグダになっていくところがいいですね。
    娘にもかなり好評な一作でした。

    投稿日:2010/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりとした空気が心地良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ニューヨーク・タイムズ紙年間優秀児童図書、アメリカ図書館協会優秀図書という評価の高い2003年の作品です。

    お話の舞台は、ケンタッキー州の豊かな牧場。

    「このケンタッキーのどこかには、白い牛がいる。だれもつかまえられない白い牛が……。」という書き出しで始まります。
    そこに住む少女の目線で書かれた日記風の文体は、とても親しみ易くとても好感が持てました。
    でも、その牛は、周りの大人どもがいくら束になっても捕まえられないのです。
    白い牛に翻弄される大人たちの様子も、どこかほのぼのと感じられました。

    やはり、ケンタッキーの醸し出すゆったりとした空気がそう感じさせるのでしょう。
    大家族が一同に会する家というのも、昔の日本を彷彿とさせます。
    終わり方も、とても爽やかなので、心の清涼剤になる一冊だと思います。

    投稿日:2008/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「白い牛をおいかけて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット