やだもん やだもん にこちゃんやー やだもん やだもん にこちゃんやー
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おふろにはいりたくないにこちゃんが、「やだもん やだもん にこちゃん やー!」とおもしろかわいく逃げ回って…。

おしゃべりどうぶつえん」 大人が読んだ みんなの声

おしゃべりどうぶつえん 作:あべ まいこ
絵:高畠 那生
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784871101684
評価スコア 4
評価ランキング 22,467
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公の女の子の年が微妙でしたが…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    作者のデビュー作のようです。
    高畠那生さんのシュールな絵と、ちょっと斜に構えたような主人公のものの見方の表現がマッチしていて面白かったです。

    この文章を読んでいると、主人公の女の子の年齢がすごく子どもっぽい小学校の低学年くらいに見えたり、
    20歳くらいの成人したての女の子に見えたりするので、
    読んだ子ども達が主人公に同調できるか、ちょっと気になりました。
    小学校の高学年以上の動物好きの子ども達が一人読みするのにはいいかな?と、思いました。

    登場する動物たちの性格(性質)みたいなものは、すごく動物を観察して描いていらっしゃるなと感じました。

    投稿日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実なのか創作なのか

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    動物園でお手伝いをする女の子の目線で書かれていて、動物についてもきちんと書いてあるので、
    本当にあるようなお話かなと思っていたら、動物たちがしゃべるのでびっくり。

    そのギャップが初めは不自然に感じましたが、だんだんと慣れていくと子どもには身近に思えるかなと思いました。

    絵が子どもっぽくないところも、面白いです。
    長そうに思っても、どんどん読めるので子どもが一人でも読めそうです。

    投稿日:2009/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙にノックアウトされました。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    こちらのレビューを拝見し 是非読んでみたいと思った絵本です。
    まず表紙にびっくり。
    クリーム色の背景にキリンが2頭。
    色の使い方がとっても私好み〜とうっとり見入っていたら
    !!!
    衝撃的な発見をしてましいました。
    笑劇的の方がぴったりかな。
    この2頭のキリンの口…パッと見は全く違和感がないのですが
    よく見ると 人の口だ〜!写真だ〜!
    作者のあべまいこさん、高畠邦生さんの口元でしょうか(笑)

    動物園のお仕事をお手伝いするもゆちゃんが
    動物たちと心を通わし言葉を交わすお話ももちろん楽しいのですが
    とにかく表紙が…(笑)
    粋な洒落にノックアウトされた感じです。
    一見の価値 大いにあり!の絵本です。

    投稿日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • もゆちゃんと動物達

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    もゆちゃんはお父さんが飼育係なので、動物園でお手伝いをするのです。
    そのもゆちゃんが綴った日記風のおはなしです。
    それだけに、動物園を体感できますよ。
    文章も比較的多いので、読み聞かせというよりは、
    じっくりと読んで、高畠那生さんの味わい深い絵も味わってほしいですね。
    ゾウのうんちでびっくりして、えさ作りの様子も生き生きと描写されています。
    テナガザルの赤ちゃんにいたっては、母親の病気中うちで預かるんですよ。
    もちろん、動物園に帰る前日には一緒に寝るのです。
    動物達と会話できるほどの、もゆちゃんの姿が素晴らしいです。
    とてもリアリティがあるので、ちょっと気になって調べたら、
    ほとんど作者の実体験が基になっているようです。
    ゾウのアサコ、キリンのタミオ、ラクダのコブオ、テナガザルのモモコ・・・。
    作者の回想文にも登場していました。
    この動物園はどうやら北海道の旭山動物園のようですし、
    もしかして、作者は、あの、あべ弘士さんの娘さんでしょうか。
    ちょっと、掘り出し物を見つけた気分です。

    投稿日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おしゃべりどうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット