しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かえるのじいさまとあめんぼおはな」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かえるのじいさまとあめんぼおはな 作:深山 さくら
絵:松成 真理子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784774610917
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,299
みんなの声 総数 17
「かえるのじいさまとあめんぼおはな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食物連鎖

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    かまきりを育てるため、バッタをとってあげている我が家にとって、生き物の食う食われるの関係は、当然のこと。
    子どもたちは、動くアメンボを目の前にして、カエルが食べちゃうのかな?絵本だから我慢するのかな?とドキドキしながら見守っていました・。
    この絵本は、食物連鎖の中で生きている動物というのを学ぶいい機会になるかもしれませんね。

    投稿日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • それぞれの気持ちが。

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みましたが,娘はカエルに食べられてしまったあめんぼ夫婦が可哀想に思ったようで,カエルのじいさまに怒っていました(笑)。
    おはなの気持ちももちろんですが,お話はカエルのじいさまの語りになっているような文章でじいさまの気持ちもよく描かれていてよかったです!
    おはなも元気に強く生きていってほしいと思いました。

    投稿日:2015/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • あっあっ・・・

    かえるのじいさまに両親を食べられたアメンボの子供が、カエルのじいさまの口を食べられたお父さんとお母さんを覗くシーンがとっても焦っていました。「あっ、食べられちゃう〜!!あぶな〜い」って言いながら手に汗握りながら見ていました。

    投稿日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食う食われるの世界

    あめんぼの夫婦を食べたかえると、その夫婦の娘のお話。
    人間も生きるためには何か食べなきゃいけない。
    それは自然界の摂理。当たり前のこと。
    虫の世界でも同じようにそういった世界があって…
    そんなことが分かりやすく描かれています。

    息子は、かえるのじいさまが、
    一生懸命あめんぼのおはなを食べないように、
    我慢しているところの姿が気に入ったようでした。
    そのシーンの挿絵は迫力満点でしたよ。

    投稿日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かえるのじいさまとあめんぼおはな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット