はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

そらまめくんとめだかのこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

そらまめくんとめだかのこ 作・絵:なかや みわ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784834017014
評価スコア 4.74
評価ランキング 887
みんなの声 総数 175
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • めだかのこを助けるために、みんなで考えて、協力しています。最後にはよかったねーといえるいいお話です。そらまめくんが「ぼくのベッドを・・・!」と決めるところがかっこいいです。「そらまめくんのベッド」よりもこちらのお話が息子は好きでした。

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらまめくんの優しさ!!

    このシリーズは、絵もかわいいですが、ストーリーがとてもおもしろい
    ので、いつも楽しみに読んでいます。
    愛情や友情、優しさなど、いろんなことを教えてくれます。
    今回も、迷子になっためだかの子を助けるために、おまめたちは
    みんなで、知恵を出し合います。
    ベッドがぬれるのをいやがっていたそらまめくんも、めだかの子を
    助けるために、自分のベッドを犠牲にします。
    そんな優しさがこの絵本にはあふれていて、読んでいてとても
    おだやかな気持ちになれました。
    おすすめの絵本です☆

    投稿日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長したそらまめくんの姿

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    そらまめくん大好きな3歳の娘と読みました。

    そらまめくんと言えば、前作では自分のベッドを愛するあまりに、
    仲間のお豆たちとちょっとした衝突がありました。

    そして今回も、やっぱり自分のベッドを愛するがあまり、
    水遊びに参加しようとしない彼。

    周りもちょっとメイワクそう・・・


    そんな彼でしたが、今回は、
    困ってるめだかの為に、率先してベッドを差し出すそらまめくん。

    そらまめくんの勇気ある決断のおかげで、
    みんながとっても幸せな気持ちで終われます。

    前作より成長したそらまめくんを見ることができて、
    嬉しく思いました。

    投稿日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやり!

    そらまめくんシリーズ「そらまめくんとながいながいまめ」を持っている娘にリクエストされ,3歳の誕生日プレゼントとして「そらまめくんとめだかのこ」を買いました。

    お話の内容は,「自分のベットを濡らしたくないそらまめくんが,めだかのこを助けるために自分のベットを濡らしてまでも使う」というお話で,思いやりを感じる絵本だと思います。
    絵は,本当に可愛らしく,特に水たまりの中の花々の景色は大人の私もうっとりしてしまいました。
    春を感じます。
    背表紙の,めどかのこがパパママに会えた絵がまたいいですね!
    娘はその絵を一番喜びます。

    そらまめくんをはじめ,たくさんの豆達が出てくるのも面白いです。
    食事で実際にこの絵本に出てくる豆があると,話題になるようになりました。

    投稿日:2014/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ち

    自分が楽しむためにベッドをぬらすときには「大事なベッドをぬらしたくない」と言っていたそらまめくんが、迷子のめだかの子どものためにベッドがぬれてしまうのも厭わない様子に感心しました。
    とても仲間思いで、困っている人を助けてあげようとするそらまめくんは偉いなと思いました。
    子どもたちも、絵本からそらまめくんの優しさを感じ取ってくれたらうれしいです。

    投稿日:2013/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の中の花が綺麗

    3歳4ヶ月の息子と読みました。
    図書館で息子が自分で選んできました。
    雨が降って、いつもの野原に水溜りが。
    そこにベッドを浮かべて遊ぶソラマメ君達。
    ベッドがお船になるなんて、素敵だな。
    私が好きなのは、水溜りの中に潜ったら、小さな泡が沢山お花についているところです。
    とても綺麗な絵で、自分がソラマメ君たちになったような気持ちになります。
    仲良しのソラマメ君たちを見ていると、ほんわかした気持ちになり、とてもいい絵本だと思います。

    投稿日:2013/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の成長

    『そらまめくんのベッド』が好きな3歳の息子と5歳の娘と読みました。
    今回も、そらまめくんの心の成長が描かれていました。はじめは自分の大事なベッドを使うことのできないそらまめくんでしたが、迷子のめだかのこをなんとか小川に返してあげたくて、自然と差し出すことができました。
    そらまめくんが、これから幼稚園に入園して、たくさんのお友達とかかわるようになる息子と重なって、そらまめくんの行動に感動。息子もそらまめくんのように、お友達を助けられるやさしい心をもってほしいなぁと願います。

    投稿日:2013/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさと情景の美しさ

    そらまめくんシリーズが大好きな3歳の次女のために図書館から借りてきました。
    8歳の長女も一緒に読みました。

    今回のお話は、まいごのメダカの子をそらまめくんのベッドで川に戻してあげるお話でした。
    自慢のベッドがぬれるのをあんなに嫌がっていたそらまめくんが
    メダカの子のために自ら「ぼくのベッドを使おう」と言う場面には感激!!
    娘たちも「そらまめくん優しいね〜(^^)♪」と言っていました。
    ベッドがぬれてしまっても、清々しい顔のそらまめくんたちがとても印象的でした。

    今回のお話は、水の中のシーンもとても素敵です。
    植物が水の中で小さな気泡を付けているシーンは、思わず私が「わぁ!!」と言ってしまいました。

    そらまめくんシリーズは、どのお話もおもしろくて親子共に大好きですが、
    私は今回のお話が一番好きです。
    そらまめくんたちの優しさと、風景情景の美しさを存分に楽しめます。
    裏表紙のメダカの親子の再会にもホッとしました(^^)♪

    投稿日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お豆たち

    そらまめくんのベッドをはじめに購入し、親子で気に入ったので購入しました。前作に引き続き、息子にも好評。
    大事なベッドをめだかのこのために、と使ったそらまめくんもエライですが、登場するお豆たちは、みんな良い子。みんなで協力してめだかのこを助けるのがいいですね。
    両方の作品とも、最後にみんなで仲良く寝るのが、かわいい。
    息子のお気に入りベッドタイム本の一つです。

    投稿日:2011/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    大人気のそら豆くんシリーズです。
    雨ふりがなんだか楽しくなりそうな絵本です。
    雨降って外に出れないし、つまらないと思う子供は多いはず。でも雨上がりの楽しさは格別!そんな気持ちにさせてくれます。とっても素敵な絵本です。

    投稿日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「そらまめくんとめだかのこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

全ページためしよみ
年齢別絵本セット