おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさまの試し読みができます!
作: おくはら ゆめ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こんなかみさまがいたら、お正月はもっと楽しい!

宮沢賢治の絵本 よだかの星」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 よだかの星 作:宮沢 賢治
絵:ささめや ゆき
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784895881173
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,569
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 伝えなくてはならないこと 受賞レビュー

    改めてこの絵本を読んでなんて切ないんだろうと思いました。

    私が幼い頃から母に「人を外見で判断してはいけない」と厳しく言われて育ちました。
    顔にコンプレックスを抱える母にとってこれまでの人生は娘の私でも知りえない辛い経験があったのだと思います。
    しかし社会とは本当に冷酷な一面を抱えており、小学生になった私にも現実の冷たさを教えました。
    太っている、運動が苦手、先生に好かれている等等様々な理由で子どもの社会でも他者を排除しようとすることがあり、同調しない私にもその排除の刃は向けられました。
    もし小学4年生の時の私がこの物語に出会っていたら安易に「夜だかのように星になってしまいたい」と思ってしまっていたかもしれません。

    息子はまだ幼く、今は世界の良い部分をたくさん教えてあげたいと思っていますが、もう少し成長し社会にはあってはならない「差別や偏見」というものも実際に存在するということ、しかしそれに決して乗じてはいけないということをこの絵本を介して話す機会があればいいなと思います。

    ささめやゆきさんのクレパス画は時に優しく時に激しく夜だかの感情を表していると思います。
    息子と絵本を読んだときに私の話とともにこの絵が息子の心に強く残るのではないかと思います。

    賢治の絵本を通じて夜だかのように星になってしまう子どもたちがいなくなることを願います。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 よだかの星」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが / おかあさん だいすきだよ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット