宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぶきゃぶきゃぶー」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶきゃぶきゃぶー 作:内田 麟太郎
絵:竹内 通雅
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784061322493
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,038
みんなの声 総数 38
「ぶきゃぶきゃぶー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぶきゃぶきゃ、って!!☆

    バスを運転しているのは「ぶたおじさん」
    そのバスの行き先は「あっちこっち」
    いろいろな人、者が乗ってきて…
    降りる時には違う人になっていたり…。

    奇想天外なストーリーです☆
    うちの娘は、よく分からないながらも、
    カラフルな感じと不思議なキャラたちに惹かれるみたいで、
    反応はなかなか良かったです☆
    個人的には、タイトルだけで、笑えます☆☆

    投稿日:2010/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうさんついてきちゃった!

    ぞうさん、あんまり面白いので「あっちこっち」バスについてきちゃったんだね!最初っから最後まで、ぞうさんも一緒に楽しめてよかったなあ・・・・って思いました。なんだろうなあ??って疑問なんて持たなくていいんだと思いました。読みながら一緒に笑っていれば、幸せだと思いました。「たぬきさん、たぬきさん、ちょっとしっぽがでてますよ・・・・」って教えてあげたくなるおせっかいな私がいます。
    絵をよく見ると読むたびに発見が出来る面白い絵本です。

    投稿日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶきゃぶきゃぶー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / だるまさんが / ふたりはともだち / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット