ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

だんろのまえで」 大人が読んだ みんなの声

だんろのまえで 作・絵:鈴木 まもる
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2008年10月
ISBN:9784774611082
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,957
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • やわらかいあたたかさ

    • ぴぃまま。さん
    • 40代
    • その他の方
    • 群馬県
    • 男の子21歳、女の子18歳

    〜雪の降る山の中で迷ってしまったぼく。
     おおきな木の根本の扉をそっと開けると・・・〜

    つかれている人はいませんか?

    なんだか寂しいな・・なんて思っている人はいませんか?

    寒いなぁなんて思っている人はいませんか?

    暖まりたいな・・なんて思っている人はいませんか?

    そんな人たち大集合。

    この絵本を是非読んでみて。

    ほらね、心にポッと 灯りがともるよ。

    「疲れたら休んでいいんだよ」
    頑張るのは良いことだけど、ムリはしすぎちゃいけないね。
    自分の心は自分で守る。
    でも、ちょっと辛くなったら、こんな絵本の力を借りてもいいんじゃないかな?

    心が迷子になったらゆっくりと時間をかけて見つけるといいよ。

    暖炉の前で、揺らめく炎を見つめながら
    ただゆっくり時間の流れに身を置いてみる

    きっと心が落ち着くと思うんだよね。

    投稿日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 生きているもののあたたかさ

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    雪降る山の中で迷ってしまったぼく。
    疲れ果てた少年は、ドアのついた大きな木を見つけます。
    そこには、暖炉をかこむ動物たちがいました。

    オレンジを基調とした色使いが、生きているもののあたたかさを感じさせます。
    身体が休まる場所、そして心が安らぐ場所。
    『疲れたら休めばいいんだ』
    うさぎの言葉に胸がすっと軽くなった気がしました。

    私がお話の真意を掴めていないだけかもしれませんが…個人的にはダイレクトにメッセージが書かれているものが好きではなく、物足りなさを感じたので★1つ。

    投稿日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 癒しの時間

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    私自身が癒されたので、親子のお話し会でママたちに読んでみました
    ろうそくの淡く揺れる炎の中で、道に迷った男の子は、暖炉の火を見つめながら、不思議で緩やかな時間を体験します
    絵本の彩色も落ち着きますね・・・
    何が癒しかっていうと、現代のストレス社会で頑張って生きていても、時には疲れてしまい自分の人生に迷いを感じることもあるだろう
    でもそんな時、揺らめく炎を見ながら、太古の人間に思いをはせ、心を休めることも必要なんだと・・・
    「つかれたら・・・」「すきになるきもち・・・」のせりふから読めば読むほど深い癒しを感じます
    「奥が深いんですね〜」とママの声でした

    投稿日:2009/01/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生き方を教えてもらっているよう

    雪の中で迷った男の子が、大きな木の根元に扉を見つけました。
    少し休ませてもらおう。
    男の子は、扉を開けて中に入りました。
    そこには暖炉があって、色々な動物が休んでいました。
    うさぎが言います。
    疲れたら、休めばいいんだ。
    好きになる気持ちがあれば、どこででも大丈夫。
    好きなことがあれば、どんなときでも大丈夫。

    生き方というものを、静かな言葉で教えてもらっている気持ちになります。

    投稿日:2019/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったり気分になれる?

    主人公は雪で道に迷いふしぎな体験をしました。
    はじめのところにあったろうそくが印象に残りました。
    ゆらゆらとした炎をみているように感じてしまい、
    このさきどんなふうに展開するのだろうと期待しました。
    電気でなく昔ながらの火は暖かく感じます。
    火がおおきくなったり、小さくなったり、揺らめいたりして
    いるのをじっとながめていると、心が落ち着きますね。

    脇役の動物たち(うさぎやねこ)は主役ではないかなと
    思います。迷い込んできたこどもやさしく見守っているから。

    投稿日:2018/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコの手が

    雪の中、迷子になった男の子が、木のなかの洞穴に逃げ込みます。
    そこには暖炉があって、たくさんの動物たちが静かに暖まっていました。

    暖炉の火の暖かさ、生きている者の温もりを、肌で感じます。
    男の子は、身体だけでなく、心にも暖かなエネルギーをもらって、朝の晴れた世界に飛び出して行きます。

    私もネコの肉球で、まぶたを温めてほしいです。
    どちらかというと大人向きの絵本かな…

    投稿日:2017/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暖炉の火が静かで心もリセット!

    なんだか優しいイラストと静かだけど心落ち着くストーリー。

    好きだなーと思いながら読んでいたら、鈴木まもるさんの作絵なのですね。
    乗り物シリーズでたくさん読んできましたが、こんな感じの絵本は初めて目にしました。

    暖炉の火を眺めているだけで、静かな気持ちになれます。
    キャンプの時にたき火を囲むときの気持ちと同じです。不思議だけど、あの感覚大好きです。

    この絵本もあったかい暖炉の火を中心に、なんだか読み終わった時に気持ちがリセットされて、新しい場所へ向かっていける感じがします。

    投稿日:2017/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつか娘にあげようと思って買って、
    そのまま私の絵本棚にある大切な絵本です。
    だんろの温かい火の色が、
    木のうろの部屋をやさしく暖めている絵が好きです。
    暖炉の明りで、どうぶつたちの寝ているすがたなどが
    ぼんやり見えています。
    そんな様子が心をあたためてくれます。
    ウサギは哲学者で、ねこは甘えん坊の妖精のようです。

    投稿日:2016/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • メッセージを受け止めたい。

    大人の私がひとりで読みました。
    可愛い、ユーモア、わかりやすい、
    癒される。。そういうジャンルの絵本を
    好んで読んでいたので、
    こちらを初めて読んだとき、
    このお話の真意は何か。。
    少しむつかしい気がしました。

    雪の中で迷う、
    知らないところで助けを求める、
    マッチ、ろうそく、だんろ。。
    大人の私はわかりますが、
    小さいお子さんなら
    どんなふうに受け止めるだろう。。
    そんなことを思いながら読み、
    空想、物語として
    あたたかな場所、あたたかなメッセージ、
    うさぎがいう大事なこと、
    それを経験した少年。
    それを考えること、それが大切な気がしました。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命頑張っている人たちへの作品だと思いました。
    子育ても、仕事も、険しい道です。
    世の中の不条理という、冷たく寒く吹きすさぶ風に、見舞われることもあるでしょう。
    疲れて迷っても、歩いている歩を止められない親(大人)という重さ。
    そんな方々を温めてくれる作品だと思いました。

    「疲れたら 休めばいいんだ 、無理しないで じっと していれば 元気に なるさ」
    「好きに なるのが 一番さ。 好きに なる 気持ちが あれば どこででも 大丈夫 。好きな ことが あれば どんな 時でも 大丈夫」
    という、うさぎの言葉がしみいります。

    最後に、うさぎが、「きみが 好きだよ」と言って、ほっぺたをくっつけて言った姿に、うさぎは親の化身なのかもと思いました。

    火には本当に、傷つき疲れた心身を癒してくれるものだと思いました。
    静寂さの中で、暖炉ではぜる枝の音やけものたちの寝息そして、炎の揺らめきさえ音として聞こえて来そうでした。

    この作品を読み、新たなパワーを蓄え、明日を歩んで行って欲しい作品です。

    投稿日:2015/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だんろのまえで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / よるくま / おばけのてんぷら / いいこってどんなこ? / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 編集・紀本直美さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット