あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

なぜ戦争はよくないか」 大人が読んだ みんなの声

なぜ戦争はよくないか 作:アリス・ウォーカー
絵:ステファーノ・ヴィタール
訳:長田 弘
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784032027204
評価スコア 4.32
評価ランキング 16,766
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争のしみこんだ水

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    中学生向けの読み聞かせで、メンバーがセレクトした作品。
    一応、長崎への修学旅行の事前学習という位置付けで、
    原爆や戦争をテーマにという学校からのリクエストに沿った選書です。
    原題は『Why War Is Never a Good Idea』。
    この原文の力強さをまずかみしめたいです。
    戦争とはどういうものなのかを、穏やかな人々の生活の様子や
    生き物たちの営みと対比させて語ります。
    戦争のしみこんだ水、という不気味な絵が、リアリティを持った迫力です。
    さりげなく、広島や長崎も描かれているような気がします。
    不気味な存在としての戦争を体感できると思います。

    投稿日:2010/01/20

    参考になりました
    感謝
    3
  • 2001年9月11日の同 テロは衝撃でした
    そのテロを経験した作者が 戦争の恐ろしさを伝えてくれました
    今も尚 世界では戦争が起こっていて 罪もない子ども達や人々の命が奪われています(ニュースでみると心が痛みます)

    この絵本は 戦争がどんな形で私たちを襲っているかを考えさせてくれます
      
    母親に抱かれた赤ちゃん 大切な命の誕生を喜んでいる人々
    一方でその人間が戦争を起こしているんです

    そして 地球に生きる多くの生き物を殺すのです

    戦後71年を迎え 核兵器廃絶をと国連で話されている一方で
    北朝鮮は爆弾を発射しています。 
    これが現実です

    「戦争はいやです」  声を上げて 反対していくことが今大切だと感じます
    この絵本を多くの人が読んで 謙虚に人間の生き方を見つめ直していかなければと感じました

    平和な様子の人々の生活の絵を見ると    ホッとします。

    投稿日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 重すぎない・痛すぎない。“戦争”を考える

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    子どもたちの読み聞かせに絵本を選書するとき、作品の質がよくても、あまり「戦争」を意識したものは普段選ばないようにしています。
    (感の強いお子さんは朝から重たいに気分になってしまうので)
    この作品は確かなものをきちんと伝えているにもかかわらず、重すぎたり痛ましすぎたりしないところが素晴らしいと思いました。
    谷川俊太郎さんの詩の絵本「せんそうしない」から伝わってくる“平和な世界観”と近いものを感じました。

    この作品の色合いは全体的に鮮やかに描かれていますが、
    “戦争”的な部分のみ、やや抽象的に描かれた水や土、空気のようでした。

     戦争はひどい味がする
     いやなにおいがする
     ……
     ひとくち
     飲むごとに 
     みんなを
     病気にしてしまうのが
     戦争のしみこんだ
     水なの

    特に、このシーンのヘドロっぽい水が高波で襲ってくるところは印象的でした。よく見ると波の先端の飛沫の部分はドクロの顔に見えます。

    この作品は、小学校高学年から中学生・高校生くらいの読み聞かせやおはなし会にうまく紹介したいなと思いました。

    投稿日:2015/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人に読んでもらいたい絵本

     「なぜ戦争はよくないか」、とってもシンプルだけど、とっても深い問いかけだ。
     作者のアリス・ウォーカーは『カラーパープル』で黒人女性として初めてピューリッツァー賞を受賞した作家でもある。
     この作品は2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件のあと、アメリカが行った報復戦争に衝撃を受けたアリスが書きあげたものだが、その時の戦争だけを否定しているわけではない。
     今まで人類が経験してきた、そしていまだに終わることのない「戦争」全般について、アリスは書いている。

     まるで一つの物体のように描かれる「戦争」。
     日本語訳は今年5月に亡くなった詩人の長田弘さんだが、「戦争だって じぶんの考えをもっているわ」と綴られる。だけど、「戦争」は「じぶんがいまおそおうとしているのが だれなのか」を知ろうとしない、と続く。
     だったら、戦争って何だろう。
     人は「想像力」をもっている。遠い国の人たちのことも想像できるし、カエルの世界だって想うことはできる。だから、本当は爆弾で逃げまどう人々の悲しみも、タンクの下敷きになるカエルの気持ちも想像することができるはずだが、「戦争」はそれすれ知ろうとしないのだ。

     「戦争はたくさん経験を積んでも すこしも賢くならない」。
     経験を積めば、よくないこととかしてはいけないことはわかるのが、人だ。
     原爆でたくさんの人が亡くなって、そういうことを経験した人なら、もうああいう武器は使ってはいけないと、考えることができるのが、人。でも、「戦争」はそういうことを考えない。

     そんな「戦争」って誰が生み出しているのだろう。
     「想像力」も「経験知」も持った人間が「戦争」を生みだしているなんて、「戦争」以上に人間って怖い。
     それでも、そうじゃないということができるのも、人間だ。
     アリスは、そうじゃないといえる人。
     世界中を巻き込んだ大きな「戦争」から70年が経って、もしかしたらまた「戦争」を私たちは生みだしかねないところに来ているのかもしれない。
     その時、自分はアリスのように、きちんとそうじゃないといえる側にいれるだろうか。

     絵本の形になっているけれど、子どもだけでなくおとなにも読んでもらいたい。

    投稿日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人の心に潜むもの

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    美しい田園風景とは相対的に平和の景色そのものを覆い尽くそうとする「悪に満ちた生き物=戦争」
    もともと人間という生き物は「人に感謝されることに喜びを得る生き物」なのだと本で読んだことがあります

    どの国の子供の笑顔を見れば本当にそうなんだと確信しますよね
    でもその子供の目に生きる力を失わせるもの、それは間違いなく大人の人間である事実
    悪の連鎖は断ち切らなければいけないのに、刃には刃では絶対に解決にはつながらないとわかっているのに・・・歯がゆいです
    私たちは知らない間にこうして戦争の水を飲み続けることで、何が正しいのか見失ってしまうようで、そうした警鐘をしている絵本なら、まず大人が読むことを勧めます

    投稿日:2011/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も子供も

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    黒い表紙に黄色でかかれた題名のインパクトに惹かれて、この絵本を手に取りました。

    ページをめくると色鮮やかな風景。
    それを塗りつぶしていくどろどろとしたものたち。
    そこに戦争とはということをたんたんと語っていく文章がぴったりと合っていました。

    私が読むために借りてきた絵本でしたが、4歳の娘も気になったようで、読んでいる横からのぞき込んできました。
    文章の意味はよく理解できないようでしたが、絵から戦争というものを感じたようです。
    よい絵本は年代を問わず、何かを訴えるものなのですね。

    そうはいっても、理解するには小学校高学年ぐらいの成長が必要かもしれません。

    戦争を知らない私にとってもよい学びの本となりました。

    投稿日:2010/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争がよくない理由

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    ストレートなタイトルにドキっとしながらも
    手にして読んでみた絵本。

    色鮮やかな絵なのに不気味さを感じるというか、
    直感的に「怖い」と思ってしまいました。
    それが音も無く忍び寄る恐怖、
    戦争っていうのはそういうものなのかもしれません。

    戦争がよくない理由、
    大人はこの絵本を読んでも理解できると思うのですが
    少し、詩的な表現が使われているので
    小学校の高学年〜くらいにならないと難しいかもしれません。

    戦争がよくないということは
    何となく理解している子どもは多いと思うけれど
    こういうふうに、ストレートなタイトルで
    じっくりと考える機会は少ないんじゃないかなぁって思います。
    だからこそ、少し考えてみるきっかけに
    なりうる絵本ではないかと思いました。

    投稿日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本の言いたいことを考えてみよう!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    黒い表紙の下のほうにどろどろとしたものがこびりついている。おそるおそるページをめくると、平和な人々の暮らしが色彩豊かに描かれている。しかし、その平和にも、どろどろとしたものが迫っている。そして、どろどろしたものは、戦争に気づいていない母親と赤ん坊をつつみこんでしまう。そう戦争は自分が襲おうとするものが何なのか誰なのかを見ようとしないのだ。

    原文を読んでいないのでわからないが、長田弘の訳が心に沁みる。しかし、少し難解な部分もある。でもそれは是非、子ども同士で、あるいは
    子どもと親とで話し合いながら意味を考えて欲しい。
    小学校高学年の子どもたちに読んでもらいたい、そしてこの本の意味しているところを語り合って欲しい。

    投稿日:2009/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 答えはこの絵本の中に。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    静かに語られる詩のような文章からは 
    音もなく忍び寄る戦争の恐怖を、
    人・森・建物・遺産などが 
    マグマのようにも見えるドロドロに呑み込まれていく絵からは
    ありとあらゆるものの命を
    容赦なく奪う戦争の残酷さを感じました。
    また 戦争で生き残った人達だって
    いつかは汚れた水を
    飲まなくてはならない時が来るという結末からは
    今は「戦争とは無縁」と思われる生活を送っているあなた達にだって
    戦争が続けば いつかは命を脅かされる日が来るのですよ、
    そんなメッセージが発信されているように感じました。
    タイトルになっている
    「なぜ戦争はよくないか」という問いの答えは
    この本を読めば 小さい子どもにもおのずと見えてくるのでは…
    そんな風に思えてくる絵本です。

    投稿日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「なぜ戦争はよくないか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット