もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

おばけ屋のおばけかぶ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけ屋のおばけかぶ 作:あわたのぶこ
絵:ただはるよし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784338192101
評価スコア 4.82
評価ランキング 196
みんなの声 総数 10
「おばけ屋のおばけかぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すぐにでも続きがよみたくなる

    小学校1年生の娘が図書館で借りてきた本です。小学生の低学年の子が一人で読むのにぴったりのお話ですが、こっそり読ませてもらった私も、すっかりお話しの中に入り込んでしまいました。大人が読んでも楽しいです。
    おばけといっても、表紙の絵の通り全然怖くありません。みな働き者で仕事をしたいのに、なかなかうまくいかないおばけたち。お寺の縁日で、こなきじじいとやまんばで育てたしゃべるかぶ「おばけかぶ」を売ったら、予想以上の大盛況。おばけの会社も軌道に乗りました。
    この「おばけかぶ」がとってもかわいいんです。「たべられませんがしゃべれます。おおきいですがぷかぷかととびます 1こ300円」という宣伝文句もシャレています。娘もすっかり欲しくなったようです。
    大人気の「おばけかぶ」最後はすっかり売り切れて、おばけの会社も店じまい。次は「おばけすいか」をお楽しみに・・・というところでお話しが終わります。
    すぐにでも続きが読みたくなりました。

    投稿日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり!

    息子の通っている小学校の図書室整理をしているときに、たまたまシリーズの別の本を発見。
    おばけの絵本が好きな息子が好きなのでは…と借りてみると、早速気に入り、シリーズ制覇を目指しています^^;

    お話は、おばけをこわがる子どもが減ってしまった昨今。
    働き者のおばけたちは、自分たちが生き生きはたらけるように、古いお寺のひとすみに派遣会社を作りました。
    そんなときに・・・・

    おばけを怖がる子供が減っている。派遣会社。など、
    今の世の中反映している?!と、大人はちょっと苦笑いな導入。
    その上、「かぶ式会社」と「かぶ」がかかっているなど、ちょっと高度なだじゃれを感じました(^○^)
    1年生の息子には、このあたりは分からなかったようですが、
    全体がユーモアたっぷりなので終始楽しんでいました。
    おばけのお話は結構読んでいますが、目新しい展開でもあったようです。
    とはいえ、一番のお気に入りは縁日のページのおばけ探し。
    なんだかんだいいながら、息子にとっての絵本の楽しみ方は、○○探しのようです。

    投稿日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけ屋のおばけかぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット