しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てんごくのおとうちゃん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

てんごくのおとうちゃん 作・絵:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784061323872
評価スコア 4.81
評価ランキング 245
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私も同じです。

    この絵本を本屋さんで見たときは正直、ドキっとしました。
    てんごくのおとうちゃん…。
    私も小学校6年生のときにおとうちゃんを亡くしました。
    私の大好きな長谷川さんも同じ経験をされていたことをこのときに
    初めて知りました。
    同じ経験をしたからといって、ここまで、同じことを思うの?と考えてしまうほど、まさに、私の思ってきたことそのままでした。
    一番かわいそうなのはおとうちゃん。私もいつもそう思っていました。
    ある日突然、おとうちゃんがいなくなって、家族が一人減ってしまう。
    そんな考えられないようなことが、本当におこることだってあるってことを、子供たちにも少しずつわかってもらいたいと思います。
    また、この絵本、大阪の良い味が出ていました。そこにも注目してもらいたいです。

    投稿日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • お父ちゃんへの手紙

    このお話は、早くに死んでしまったお父ちゃんに息子が手紙を読むお話でした。天国のお父ちゃんに自分の気持ちや近況を素直に伝えている感じが子供に読んであげていてちょっと泣けてきました。うちの子は自分のお父さんにどういった気持ちとかでいるのかな〜なんて読んでいる私は気になりながら読んであげていました。

    投稿日:2016/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • けなげなぼくに涙

     小学校3年のぼくが、天国のおとうちゃんへ、手紙を書くという設定です。今の僕の生活、お父ちゃんとも思いでなどが、つづられています。
     思い出の場面は、ほろりとさせられます。子供との何気ない日々を大切にしたくなります。
     そして、ぼくは、いろいろな人に可哀そうだといわれるけれど、それよりもおとうちゃんのほうがかわいそうだと思うというところに、グッときます。成長したぼくの強さ、優しさを感じるのです。
     悲しいお話ですが、長谷川義史さんの大胆な絵で明るい雰囲気の中でこのお話が読めます。ぼくが友達と遊んでいるときのとびきりの笑顔になぜか安心します。

    投稿日:2009/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心してね、元気にしてるよ。

    おとうちゃんがなくなって
    周りの人はボクをかわいそうという。
    でも実はボクはボクなりに
    おとうちゃんがなくなった事実をちゃんと受け止めていて、
    頑張って生きている。今を生きている。
    家族もけんかもするけど仲良くやってる。

    ボクはおとうちゃんがなくなったけど、おとうちゃんのこと、ちゃ〜んと大事な思い出として生きている。

    おとうちゃんと過ごした日々は、ちょっとだけだったけど、ボクにはおとうちゃんの存在は本当におおきかったし今でも大きいんだ。

    万引きをしようとして
    でも地獄に落とされたらおとうちゃんにあえなくなるからやめたっていうところで、息子は爆笑。

    長谷川さんの絵がとってもあたたかくて、愉快で淋しいことも笑いに帰られる。そんなことを子供に読み聞かせながら思いました。

    切ないけど、
    頑張りやのボクに
    私も心がまあるくなりました。

    投稿日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • グッときました

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    題名の通り、亡くなったお父さんへの手紙です。
    人が死ぬということはとても寂しいことだけど
    笑っている顔にそれを乗り越えた強さを感じました。
    男の子にとっての父親の存在は大きいものなんでしょうね。
    最後のページに書いてある言葉に
    親子でグッと来てしまいました。

    投稿日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てんごくのおとうちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / りくちゃんのいちごジャム / 木いちごの王さま / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット