しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

10ぴきのかえる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

10ぴきのかえる 作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,117+税
発行日:1981年07月07日
ISBN:9784569585994
評価スコア 4.08
評価ランキング 22,884
みんなの声 総数 35
「10ぴきのかえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいことばあそび

    10ぴきのかえるシリーズのおそらく第一弾です。
    読んだのはつい最近なのですが、初版1981年と古くからある絵本なのですね。

    おたまじゃくしからカエルにかえり、故郷のひょうたん沼に帰る、かえるたちの冒険の物語。
    かえるがかえるというだじゃれのようなことば遊び、しょげっかえる、ひっくりかえるなど、かえるの名前も面白いです。
    最後は無事に、ひょうたん沼に到着。途中ハプニングもあり、楽しく読めました。

    投稿日:2020/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい

    10匹のかえるシリーズは、3歳と4歳の娘が気に入って読んでいます。
    絵も可愛らしく、入りやすい内容なので、低年齢の子供に良いと思いました。
    シリーズも豊富で、春夏秋冬の季節に合わせたり、キャンプに行く前にはキャンプのかえるくんを読んだりと楽しんでおります。

    投稿日:2019/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おたまじゃくしよりかえるで

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。おたまじゃくしのときにいたずらぼうずにさらわれ、故郷に帰りたいとなげく10匹。かえるになったほうが移動が楽だよ、とかえるになるまで耐え、10匹が協力しあって故郷の沼に帰るお話。なんだか、かわいいタッチの絵本なので、息子もよろこんで次のシリーズを見たいと要望。わかりやすいですし、ストーリーも素直なので、また次を読んでやろうと思います。10匹が協力し合ってというのがとてもいい感じですね。

    投稿日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険

    10ぴきのカエル達が冒険をするお話です。

    3歳児クラスの子どもに読み聞かせをした時、ザリガニ等が登場するので、とても興味を持って見てくれた絵本でした。
    10ぴきのカエル達の顔も、一匹ずつ表情が異なっていて面白いなぁと思いました。

    冒険好きの子ども達に、是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「10ぴきのかえる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ももたろう / 地球をほる / うんちしたのはだれよ! / いちご / す〜べりだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット