いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

せんせい」 大人が読んだ みんなの声

せんせい 文:大場牧夫
絵:長 新太
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2019年04月15日
ISBN:9784834013733
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,525
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 園の先生大活躍

    幼稚園の先生がどれだけの役割をしているのか、改めて感じさせられました。
    先生のバイタリティに親しみを込めて、子どもたちの目線で描いた絵本です。
    「オニ」とか「オオカミ」とか言われても、これならばナットクです。

    投稿日:2019/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストもいいですね。

    長新太さんのイラストが味があっていいですね。
    昭和生まれの私さえなぜかほんわか身近に感じてしまいます。
    内容的に小学校の先生というより、保育園幼稚園の先生の方が近いかも知れません。
    入園を控えたお子さんへもぴったりな1冊ではないでしょうか。

    投稿日:2019/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生、毎日お疲れ様です!

    4月から、保育園に入園する3歳の孫に読んであげようと思って選びました。
    先生は、何役でもやって子どもの相手を体をはってやってくださっているのだと思うと、感謝、感謝です。絵本から園の様子がわかるので、入園前のお子さんには特に読んであげたい絵本です。

    投稿日:2018/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • これから「先生」になりたい人にも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    1996年の『かがくのとも傑作集』です。長さんらしい鮮やかな色使いで、とてもインパクトのある作品でした。
    小さな子どもたちにとって、「先生」ってこんな感じなのかもしれませんね〜。
    逆に幼稚園や保育園の先生って、色々な形で子どもたちと関わっているんだな〜、大変なお仕事だなと、感じました(これは大人目線ですね)。
    この本に登場している子どもたちと同じくらいの年頃の、4歳から6歳くらいのお子さんたちにもお薦めですが、
    これから幼稚園や保育園の「先生になりたい」と思っている職業選択の岐路に立っているお子さんたちにもお薦めしたいです。

    投稿日:2012/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  •  病院の先生はさておき、こどもたちが自ら「せんせい!」と呼び始めるのは、保育園・幼稚園に通うようなってからですね。

     春からこどもたちが行く保育園・幼稚園には、たくさんのお友だちと共に、先生が待っています。

     「せんせい」って、どんな人?っていうお子さん向けの作品です。
     “かがくのとも傑作集”の一冊と言うのも愉快です。
     「せんせい」を科学するっていう感じでしょうか。

     各見開き右ページに、”せんせいって、ときどき うまなんだよ”、そして次ページ左側にその先生の様子が描かれています。
     一見開き目の馬顔の先生から笑ってしまいますが、ページを捲って納得、な〜るほど!
     「せんせい」がオニだったりおおかみだったりと八面六臂の活躍にな〜るほどを連発。

     わたしのお気に入りは、“せんせいって、ときどき おきゃくさんだよ”です。
     せんせいがお仕事を離れての顔もまた素敵!

     ラストの総まとめのページも良かったぁ〜!
     読者を笑わせてくれる長先生の絵がまた愉快でした。

    投稿日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園か幼稚園の先生の存在が、子供たちにとったら とてつもなく大きな存在感があって 大好きな優しい先生なんですね!

    うま おに おすもうさんと 子供たちと一緒に遊んでくれる 優しくて 良い先生   子供は 遊んでくれる先生が大好きです

    自分も保育士してた時   この絵本の先生と同じようだったな〜 
     懐かしく  オールマイティーの先生の仕事と 自分の家庭と 両立して がんばっていたな〜 (本当に毎日が 忙しかったのを思い出しています)

    こぶたぐみのこどもたちの人気者!

    先生も子供だよ そうね 先生もお母さんがいるものね。

    時にはお母さんに甘えたいときもあるよね・・・・・       

     何役もこなす 先生 忙しいけれども 子供たちにとって 優しく 頼れる先生は すごい!

     毎日ご苦労様と ねぎらいの言葉をかけてあげたいと思いました

    長 新太さんの絵がとてもおもしろく 的を得た絵で楽しく読ませてもらいました!

    お話会で読んであげたいえほんで〜す!(作者の大場 牧夫さんありがとう!)

    投稿日:2010/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生って…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    せんせいって、ときどき馬だよ。
    ぱっかぱっかのお馬さん。
    せんせいって、ときどきオニだよ。
    鬼ごっこのオニ。わーっ、にげろっ。

    って、こんな感じで、先生の色々な姿を、色々なものにたとえて、面白おかしく紹介してくれます。
    幼稚園で見ることのできる先生だけではなく、家庭での様子等にも気づかせてくれる、素敵な絵本です。
    長新太さん独特の色の遣い方、表情も、うんと楽しむことができます。

    投稿日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生の本当の顔って

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    先生がいろいろな顔を持っているところを、じょうずに書いてあっておもしろいです。

    先生って、どんな存在だろうと、不安に思っている入園・入学前にぴったりです。
    先生にどんなことを頼んでもいいのかわかるし、安心できると思いました。

    それに、先生の大変さもわかって、どんなにがんばってくれているかもわかります。

    長さんの絵も子どもたちが大好きなので喜びそうです。

    投稿日:2008/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せんせい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おだんごぱん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット