宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ここよ ここよ」 大人が読んだ みんなの声

ここよ ここよ 作:かんざわ としこ
絵:やぶうち まさゆき
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784834019032
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,767
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひょこっ

    どこにいるの?どうぶつのあかちゃん。

    「ここよ ここよ」
    と出てきたのは、おかあさんの背中や羽の下。

    みんなおかあさんにぴったりくっついて、幸せそうです。

    おかあさんがしっかり子どもを守っている姿を見ると、安心しますね。

    あったかくてやさしくて、心強い気持ちになる絵本です。

    投稿日:2014/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の姿

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
    写真のようにリアリティたっぷりの動物たちの絵が魅力的です。
    動物の親子が登場し、赤ちゃんはどこ?という趣向。
    コアラ、ラッコ、ペンギン、オランウータンなど、
    その親子の姿が愛情いっぱいでとても癒されます。
    もちろん、赤ちゃんの愛らしいこと。
    寄り添ったスキンシップは、子育ての基本なんだなあ、と改めて思いました。
    文章も心地良いリズムで、読んでいるだけで優しい気持ちになれそうです。
    お母さんたちにもぜひ、お薦めしたいです。

    投稿日:2010/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ここよ ここよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット