なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

十二支のおはなし」 大人が読んだ みんなの声

十二支のおはなし 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784265034819
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,946
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 12支

    12支のお話は、孫たちにも読んでやりたいと思っています。丑年の私としては、いつもねずみさんがずるいなあと思ったりしますが(笑)丑年でよかったなあと思ってます。絵に迫力があってインパクトが強く、面白いなあと思いました。

    投稿日:2018/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックな絵です

    こちらの十二支のお話は、絵に動きがあって、面白かったです。
    最初に集まったたくさんの動物たちを見ると、亀やたぬき、かっぱなど
    十二支以外のどうぶつなども混じっているようでしたが、
    最後に12番目のイノシシが入ってきたとたん、門は閉ざされたので
    猫以外にも、あとで来たどうぶつがたくさんいたのかな、、なんて思いました。

    投稿日:2016/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力の十二支(笑)

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    有名な十二支の始まりのエピソード。
    動物たちの造形がややデフォルメされているせいか、かなりの迫力です。
    でも大切なくだりはほぼ通説に忠実で、好感が持てました。
    年末年始、やはり知っておきたいおはなしですね。
    今作では、冒頭、神様のご通達を聞きに集まってきた動物たちの中に、
    12匹から外れた動物がねこ以外にもいます。
    そのあたりもチェックしてみると面白いと思います。
    幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。

    投稿日:2016/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み比べてみると面白い!

    十二支の絵本はたくさん出ているので読み比べてみると面白いですね!
    イラストで雰囲気も全く違いますし,十二支の並び順はもちろんどの絵本も一緒ですが裏話が違っていたりして,楽しめます!
    こちらの絵本,絵がユーモアあるとでもいいましょうか,動物達の表情が可笑しかったです(笑)。
    子供が十二支を覚えるのに絵本を通すのはとてもいいと思います!

    投稿日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったんだ!

    我家では、お正月が近くなると年賀状の用意の為に「次の干支はなんだっけ?」なんて会話をよくするんです。
    そんな時ふと「あれ?干支ってどうやってつけられたのかな?」と思いこの絵本を読んでみました。

    この絵本は、動物達の表情がとても豊かに描かれており、色使いもはっきりしています。

    猫が十二支に選ばれなかった理由が、わかり易く書かれていて、納得くしていまいました。

    猫が鼠をみるとおっかけるわけも、この絵本を読むとわかるかもしれません^^

    お話もイラストも楽しめる一冊でした^^

    投稿日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「十二支のおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おこだでませんように / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット