でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

いぬとねこのおんがえし」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

いぬとねこのおんがえし 作:(日本民話)
絵:太田 大八
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
ISBN:9784790250784
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,603
みんなの声 総数 7
「いぬとねこのおんがえし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 受けた恩は忘れない。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    日本民話のひとつ。
    民話は、日本中で少しずつ形を変えながら語り継がれています。
    このおはなしの中では、犬と猫が養ってもらった恩を忘れず、
    盗まれた仏像を取り返しに行くというもの。

    大きな家に住み、たくさんの人をつかっていた長者さんが、
    貧乏になって、田も畑も手放し、最後には、
    犬と猫さえも飼えなくなってしまいます。

    犬と猫は、可愛がってくれた長者さんのために、
    自ら、盗まれた仏像を取り返しに出かけます。

    その途中、やはり長者さんにお世話になったねずみや
    つるまでもが手伝って、仏像を長者さんの元まで
    運びます。

    誰もが受けた恩を忘れず、力を合わせて恩返しをする姿は、
    とても感動的であり、大切なことを教えてくれる民話の一つ
    であると思います。

    娘も結構気に入った様子でした。

    投稿日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いぬとねこのおんがえし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット