もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

でんしゃはうたう」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんしゃはうたう 作:三宮 麻由子
絵:みねおみつ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784834023985
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,535
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 2歳11か月の乗物大好きな息子に図書館でかりました。

    主人公らしき男の子がいますが、恐らくその子の耳に聞こえる音だけを表した文。
    かなり斬新です。
    「たたっ つつっつつ たたっ」…みたいな繰り返しと車内放送のことばのみ。
    しかし、その男の子が車窓から見ているだろう風景が描かれ(少しノスタルジックです)、
    それと文がとてもマッチし、本当に電車に乗っている気分になれます。
    よく考えられているなあ。

    息子の反応はいかに…と思っていたら、かなり気に入ったよう。
    自分も電車に乗っている気持ちになれるのかな。
    音と景色の楽しさを堪能できる絵本。
    結構オススメです。

    投稿日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 電車でリトミック

    ページを開いてびっくり!
    全部擬音なんですね。

    そうそう、そういえばこんな音がするなぁ!すごい!と思いながら進んで行くと、乗り物好きの息子はとっても真剣。

    対向列車とすれ違うページが1番お気に入りです。
    電車に乗ると、電車のおうただね!とうれしそうです。かかっかかっ、とリズムを楽しんでいます。

    何度も何度も読んでいます。

    投稿日:2019/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほとんど擬音

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    ほとんどが電車に関する擬音です。これはわかるというものもあるのですが、これは何の音だろうとわからないものもけっこうありました。読むのがとても難しい!ただ、絵だけでも、電車好き息子はすごく楽しんでます。優しいタッチでほんわかはしていますが、ちゃんと電車は詳しく描かれています。

    投稿日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車の音が好きな子は大好き

    息子に大好評でした。もともとブレーキの音やモーターの音を真似する音鉄っぽい子だったので、ツボにハマったみたいです。笑いながら大喜びし、プラレールを持って来て「一緒!」、寝る前には「明日も読む」とせがむほど。

    京王線がモデルになっていて、以前に住んでいたことがあったので、あの景色だななんて思いつつ大人は懐かしく読めました。

    投稿日:2016/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音を楽しめる絵本。

    電車好きの息子が気にいって何度も何度も読んだ本です。
    電車が一駅分進む間の風景と音だけが描かれています。
    電車の音といえば、ほとんどの絵本が、「がたんごとん」と表現します。
    この絵本は、電車の音を繊細かつ詳細に表現しているという点でとにかくすばらしいのです。
    鉄橋を渡る音、駅に停車する直前の音、ポイント切り替えに差し掛かるときの音、など、様々な表現がされています。
    言われてみればその通りです。
    でも、言われてみなければ一生気付かなかったこと。
    一生気付かなかったことを、この本は気付かせてくれました。
    目から鱗が落ちるというのはまさにこのことです。

    著者の三宮さんは視覚障害をお持ちの方とのことです。
    聴覚の鋭さは、相当なものなのだろうと思います。
    三宮さんの「おいしいおと」も読ませていただきましたが、
    こちらも新しい発見ができます。

    投稿日:2016/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車になれる☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    でんしゃはうたう、
    そんな気持ちの良さそうな題名が気になり
    借りてきました。
    乗り物大好きな2歳の娘にヒット。

    電車のシーンとその下に音が書いてある、
    物語はない絵本です。
    字を読むだけで電車のマネができ、
    乗車した体験をさせてくれます。
    口に出してみると
    本当にいろんな音があるんだってわかる。
    親子でうたってみても面白い。
    乗り物好きな子にはおすすめです。

    投稿日:2015/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しいタイプの本

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    電車が大好きな2歳6ヶ月の息子に借りてみました。
    「どれ読もっかな〜あっ!でんしゃだ!!」と表紙の電車に魅了され、自分で本を開いていました。
    一緒に読んでみると電車の擬音ばかりでビックリ!
    どうやって読めばいいのと思いながらも電車になったつもりで読みました。
    なかなか難しいですね。
    今まで電車はがたんごとんとしか読んだことがなかったので新鮮でした。
    あと、感心したのが絵です。
    実際電車に乗った視線での表現がリアルで新しい。

    今までに読んだことのない新しいタイプの本に出会えて良かったです。

    鉄道好きにはたまらないんでしょうね。

    投稿日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むほどに楽しい。

    中身を見ずに図書館で借りたので、息子に読んであげる時に、
    開いてビックリ。ストーリーもなければ、電車の姿もなし
    2才の息子に理解できるかしら?と思いながら、とりあえず読んでみた。

    ところが、とっても楽しそうで、しかも真剣に見ていました。
    リクエストに答え何度も読んであげましたよ☆
    電車の音は、ガッタンゴットン だけじゃない!
    本当はいろんな聞こえ方がある事が、とても自然なことなんだと
    改めて感じた絵本です。子供の想像力や発想力を引き出す
    いい絵本じゃないかなo(^▽^)o

    投稿日:2012/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運転手さんの目線がたまらない?!

    電車好きの二歳息子のために、つい購入。
    あまり中身は確認せずに買ったのですが、読んでみてビックリ!!
    ストーリーではなく、ひたすら電車の動く音を歌のように表現しているのですね。最初は読むのにかなり戸惑いました。どんなペースで読んだらいいのか、どこで止めたらいいのか、擬音ばかりでさっぱり感覚つかめなくて。
    でもそのうち、電車が走る音を想像しながら、自分が電車になったつもりで歌って(?)みると、意外に楽しい!
    きっともっと電車マニアの人なら、かなり実際の電車に近く歌えるのでは?!
    イラストも、電車を外からでなく、中から、まさに運転席の視線で線路が前に続く景色を描いていてとても新鮮です。息子もいつも食い入るように見て、細かい周りの描写を指摘したりして楽しんでいます。

    投稿日:2012/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車の音

    電車が走っている音。

    スピードにのって安定しているときは、本当にリズムが心地いい音ですね。

    スピードの変化で変わる音が面白かったです。
    電車の音ってこんなに種類があったのかと、改めて驚きました。

    きっと、この絵本は声に出して読んだほうが面白いと思います。

    投稿日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃはうたう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おたすけこびと / カンカンカン でんしゃがくるよ / かいじゅうたちのいるところ / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット