くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おおきいツリー ちいさいツリー」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきいツリー ちいさいツリー 作・絵:ロバート・バリー
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784477011417
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,372
みんなの声 総数 99
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 30年経ってもおぼえていました!

    子ども時代は海外にいた私にとって絵本はすべて洋書でした。今になって思えば名作絵本の数々を手にとっていましたが、そのなかでもこの絵本は独特なタッチの絵と面白いストーリーの展開にすっかり魅了され字もまだ覚えないうちに夢中になってページをめくっていたのを憶えています。
    あれから30年。家庭を持ち家にクリスマスツリーを飾ろうと思ったとき、花屋でモミの木の枝が売られているのを見かけました。「枝の先っぽでも、ちゃんとツリーの形。このままツリーになるかも」迷わず買い求め家に飾りました。
    わが家にぴったりサイズのミニツリー。まるであの絵本そのまま!ええっと、題名は・・・?題名を思い出す前に、ねずみがにっこり笑顔になっている様子が真っ先に目に浮かんできました。子どもながらに1本のツリーを通して皆が笑顔でクリスマスを迎えたことにほっとしたのでしょう。長い間思い出すことのなかった記憶。モミの木の枝を見て思い出しました。
    子ども時代に読む絵本がどれほどの力を持っているか、おおらかでのびのびとした絵本の世界に身を預けているうちに絵本が育んでくれたものの大きさを改めて気付かせてくれた一冊です。

    掲載日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきいツリー ちいさいツリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット