はろるどとむらさきのくれよん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

はろるどとむらさきのくれよん 作・絵:クロケット・ジョンソン
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\1,045
発行日:1987年03月31日
ISBN:9784579402458
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,895
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごいクレヨン

    このお話ははろるどが持っていた紫のクレヨンで書いたものが現実になるというお話でした。うちの子はこのお話を見て「いいな〜、僕もこんなクレヨン欲しい〜!」と言ってハロルドの事を羨ましがっていました。でも、子供に最後に聞かれたのですが「なんで紫なの?」と。好きなんじゃないとしか言いようがなかったのですが、何か意味があるのか私では読み取れませんでした・・・。

    投稿日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • こういうクレヨンのお話すき

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    「おれ、こういうクレヨンのお話すき」
    読み終わったとき、6歳児がこう言いました。
    おそらく、最近読んだ『ジャーニー』や『くまさんのまほうのえんぴつ』
    のことを言っているのでしょうが、
    意外にこのペンで描いていくお話って多く、
    恐らくはこの絵本からなのではないでしょうか。

    自分でお話を作っていく感じが、
    子どもにも万能感を抱かせるんでしょうね。
    ハロルドの「wit」のおかげと言っていますが、
    この機知、頭の良さがいるのよ、としっかり伝えておきたいです。

    投稿日:2019/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素晴らしい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。

    はろるどとむらさきいろのくれよん
    という題名ですが、出てくるのは本当に、
    はろるどと、むらさきいろのくれよん だけ。

    はろるどが、このむらさきのくれよんで
    いろいろなものを描き、旅をしてきますが、
    とにかく一筆書きでよくこんなにいろいろなものが描けるなぁと
    ページをめくるたびに感動します。

    山を登る様子、落ちて気球に乗る様子、
    海に落ちる様子、
    そして高層ビルの立ち並ぶ街の様子に、
    あたたかいベッドの様子。

    とってもシンプルな絵なのに、どうしてこんなに
    本物のように伝わってくるのか、不思議で仕方がありません。

    お話も楽しめましたが、次から次に出てくる一筆書きの
    むらさきの絵に、とっても楽しませていただけた一冊でした!

    投稿日:2017/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はろるどとむらさきのくれよん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット