ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。

走れメロス」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

走れメロス 文:太宰 治
絵:竹内 通雅
編:齋藤 孝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784593566617
評価スコア 4.13
評価ランキング 21,168
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり全文よみたい

    名作の絵本ということで
    入りやすいかなと思い手にとりました。

    メロスの世界観と
    竹内さんのイラストが
    マッチしていて、
    一部抜粋なんてもったいない。
    全文、竹内さんのイラスト付きで
    読みたい!!挿絵でもいいので。
    と思うくらい
    臨場感あふれる絵本でした。

    初めての<走れメロス>にぴったりの作品だと思います。
    最後の斉藤孝さんの解説もいいですね。参考になります。

    次は児童書で、全文チャレンジさせたいと思います。

    投稿日:2017/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中学の教科書で読むより印象深い。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    小4の息子が小学校の図書室から借りてきました。

    走れメロスってすっごく有名な話なんだよ。
    でもどんな話だったっけな・・・?

    とダメ親ぶりをアピールしてしまった私。
    一緒に読むことにしました。

    ふとみると、監修が斎藤孝先生。
    これは楽しみ!と思って読み始めると、

    やー。参りました。
    日本語が高度!
    息子はどれだけ理解できただろうか?
    とちょっと不安・・・。

    最後は一体どういう話だったのか分からず、
    というか私が思い出せず、
    ネットで結末を調べて一番最後の絵の解説をした私。
    そうか、なるほどね。

    んで、なんでこの本借りてきたの?と聞くと、
    裸で走ってる絵が気になったからとのこと。

    そうなんです。絵もかなり強烈。
    この、ちょっと笑いを誘う絵に、
    斎藤先生のものすごく真面目極る文章のアンバランスさこの上ない。
    本気でウケねらってる?と思っちゃうほどの強烈な一冊です。

    中学の教科書で読むより印象深い。
    息子は一生、メロスの話を忘れないと思います。

    投稿日:2016/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「走れメロス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

100円たんけん / やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット