季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

くさをはむ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

くさをはむ 作・絵:おくはら ゆめ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784061323933
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,514
みんなの声 総数 28
「くさをはむ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな感じの毎日?

    かなり大胆なシマウマ考察絵本です。
    でも、シマウマってなんにも考えていないのかな?
    大草原でただただ草を食んでいたら、ワニだけではなく危険がいっぱいじゃないのかな。
    この絵本のまったり感が怖く感じられました。

    投稿日:2018/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおらかだなあ

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    しまうまの生活を近くからながめた感じがします。
    「はむ」という言葉は、文章上でしか見かけないなあと思ったら、「食べる」の雅語的表現。雅語とは、古代中世の詩歌や物語・日記の中に用いられた和語だそうです。とってもいい響きではないでしょうか。しまうまが草をおいしそうに。。。の後に続く言葉に、「食べる」よりもぴったりだと思います。
    しまうまの一日のようすをながめて、こちらものんびり。何もしていない!っていうことも何かしていることなのかもしれないなあ。なんて、しまうまから、人生とは?を考えさせられました。
    私達人間のくらしと似ているところを、この絵本からいっぱい見つけましょう。同じ地球に住む同じ生き物であることを実感できると思います。

    投稿日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くさをはむ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


今月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット