新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ごぶごぶ ごぼごぼ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごぶごぶ ごぼごぼ 作:駒形 克己
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1999年04月
ISBN:9784834015980
評価スコア 4.59
評価ランキング 5,248
みんなの声 総数 197
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 楽しそうに見てます

    • ありゅさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳、女の子1歳

    初めて読んだ時はきょとんと不思議そうな顔をしてましたが、2回目からはニコニコとても楽しそうにしていました。

    特に「ど、ど、どーん」「さわさわさわ」「しーーー」がお気に入りです。最後は人差し指を口に持っていって「しーーー」とマネしています。

    投稿日:2024/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な擬音語

    不思議な絵本です。
    ぷーん。ぷく。どどどど。ごぶごぶ。じゃわじゃわ。などの擬音語と、丸だけで構成された絵本なんですが、赤ちゃんは好きですよね。
    この絵本の良さを語ってと言われても、大人目線では独特の擬音語が楽しいのかな?はっきりした色が見易いのかな?ということくらいしか出てこないんですが、長女も次女も赤ちゃんの頃好きだった絵本です。赤ちゃんを魅了する何かがあるのでしょうね。

    投稿日:2021/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    テレビで紹介されていて、娘にも見せてみたいなと思って図書館で試してみました。普段あまり本に興味を示さない娘がこの穴あきのイラストにハマりつぎを見せろと一生懸命ジェスチャーで訴えてきます。擬音ばかりの本ですがとても楽し気に聞いてくれたので何度も繰り返し読んであげました。
    7歳息子も面白かったみたいです。

    投稿日:2019/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩の綺麗なしかけ絵本

    ごぶごぶごぼごぼ、と水の中なのかよく分からない不思議な絵本です。色彩が鮮やかで読んでいて楽しいです。所々穴が開いているので娘は指を突っ込んで遊んだりしています 笑。まだそこまで食いつきは良くないですが、オススメ絵本で紹介されることの多い絵本なので、これからも時々読んでいこうと思います。

    投稿日:2019/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音と仕掛けの絵本!

     不思議な音と絵本に穴が開いていて、指先で触りながら見ることが出来る絵本です。保育園の子ども達は、大人が読む不思議な音を必死に真似をして言おうとして、その姿に癒されます。絵本に穴が開いているのも遊び心があり楽しいです。破れる勢いで見ていますね。(笑)
     ファーストブックにも選ばれたことがあり、0〜1才児におすすめな1冊です。

    投稿日:2017/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穴あきの仕掛けが楽しいカラフルな本です

    一歳になったばかりの息子は、可愛らしいイラストの絵本よりも、抽象的というか、(大人からすると)これがどうしてこんなに子供の心をとらえるのだろうかと摩訶不思議だったり至極シンプルな本を好んで読んでほしがっていたので、この本も気に入るのでは、と買ってみました。
    予想通り、何度も自分でページをめくっては、穴に指を突っ込んだり目にあててみたり、、、読んでいるのか遊んでいるのかわからない感じですが、とにかく本人はとても楽しそうにしていました。
    その後、もっと色々なタイプの絵本を読むようになっていくにつれ、次第に手にとる機会は減っていきましたが、一年経った今でも、時々引っ張りだしてきては、自分で一字ずつゆっくり読んでいます。各頁ごとの文字(言葉)数が非常に少ないので、平仮名をおぼえて、文字をみつけては読んでみたいさかりのお子さんにもよさそうです。

    投稿日:2016/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • すぐに丸暗記したようです

    • おなぎさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳、女の子1歳

    1歳の次女に読んでいると、3歳の長女もやってきました。
    私が読むと復唱して2人で笑い合ってました。

    初めて読んでから3日過ぎたころでしょうか。
    私は本をめくるだけのかかりになりました。
    2人で思い思いの読み方をしています。

    違いがわかりやすいのが「しー」のページ。
    次女は全部大きな声ですが、
    長女は口に指をつけて、小声でしー・・・

    娘たちは絵本、私は娘たちを見てほっこりできる絵本です。

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳1ヶ月くらいで図書館利用。

    厚紙の本なので安心して読ませられます。
    息子は各ページに小さな穴があいているのが
    気に入ったようで、そこに指を引っ掛けて
    楽しそうにページをめくってました。

    また、丸い形に反応して喜ぶようになった
    頃だったので、この本にでてくる
    カラフルな丸がかなり気に入ったようです。

    効果音とシンプルな図形だけで
    何かの紹介で見なければ手にとることは
    なかっただろうとおもいます。
    でも、息子には大ウケ!!
    丸の位置や高さによって、効果音の
    高低や強弱をつけて読むと
    よく笑っていました。
    もっと小さい頃でも喜んだんじゃないかと
    思います。
    これから読み込むにはシンプルすぎかなと
    購入には至らず…ですが、
    0歳のときに出会ってたら検討してたと
    思います!!

    他にも効果音と形だけの絵本も読んでみましたが、
    こちらがダントツに反応がよかったです。

    投稿日:2013/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなことを想像できる本

    ぷーん、ぷぷぷ、ごぶごぶ、じゃわじゃわなどいろいろな音と抽象的なイラストが描いてある絵本です。
    具体的なストーリーがあるわけではありませんが、様々な音とイラストから、子供が自分でいろいろな事を想像しながら見ているようです。

    たまにリズムを変えたり、大きな声で読んだり、ささやいたりすると笑いながら聞いてくれます。

    投稿日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の想像力をかきたてる

    本屋さんで珍しく息子が自分から手に取った本がこれでした。
    具体的なストーリーがあるわけではなく、ぷぷぷ、じゃわじゃわ、さわさわなどの擬音語に、抽象的なイラストが描いてあります。

    大人が読んだら意味がわからないかもしれません。
    実際、主人は「なにが面白いの?」と不思議がっています。

    しかし、子供は擬音語と抽象的なイラストから、なにか面白いものを見つけるのか、じーっとみたり、擬音語に合わせた動きをしたり、楽しそうにこの絵本を見ています。色使いもはっきりしているので、小さい赤ちゃんにも見やすくて楽しいと思います。
    また、ページの所々に穴があいていて、そこに指を突っ込んで遊んでいます。
    子供が自分で楽しみ方を見つけて楽しみ、子供の想像力をかき立てるような絵本です。

    投稿日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごぶごぶ ごぼごぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / じゃあじゃあびりびり / 109ひきのどうぶつマラソン / カシャッ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

みんなの声(197人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット