クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

カブトムシがいきる森」 大人が読んだ みんなの声

カブトムシがいきる森 写真・文:筒井 学
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年06月04日
ISBN:9784097263746
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,566
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カブトムシのおしっこ飛ばし、すごいです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    だいぶ前から気にはなっていたのですが、やっと手にしました。
    この作品に取り上げられているカブトムシたちが生活している舞台は、
    「ぐんま昆虫の森」というところで、なんと人間たちが管理する自然の森だそうです。
    森もあえて管理しなければ、従来の自然らしい森でいられないかな?と、思うと、ちょっと悲しくなりました。
    が、こういう場所があるから自然界の生きものたちは何とかやっていけるのかもしれないと、この写真絵本を見て改めて感じました。

    カブトムシの幼虫などは見ようと思えば結構見る機会はありますが、
    この絵本の中で一番すごいと思った写真は、カブトムシがおしっこを飛ばしている写真!
    セミなんかは見ますけどね。
    カブトムシがこんなにしっかりおしっこしてるところは、なかなか見られません。すごかったです。
    虫好きなお子さんたちにはたまらない、カブトムシ同士のケンカや、
    卵から孵るシーンなど、
    カブトムシの生態がよくわかる写真と文で説明されていました。

    投稿日:2014/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森に入ったような臨場感

    カブトムシの生態がくわしく分かりやすい文章で書かれています。
    写真は迫力があって、自分も森にいるような気持ちになります。

    幼虫の説明では、卵から幼虫が出てくる写真や、土の中での様子が美しい写真で見れます。
    その時の地上の様子も一緒に載せてあるので、とても分かりやすいです。

    この絵本から次は図鑑へと読んでいくと面白いと思いました。

    投稿日:2012/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「カブトムシがいきる森」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット