新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ないしょのおともだち」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ないしょのおともだち 作:ビバリー・ドノフリオ
絵:バーバラ・マクリントック
訳:福本 友美子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784593505074
評価スコア 4.77
評価ランキング 598
みんなの声 総数 89
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 購入決定!!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    ズバリ!!女の子(ママも含む)向きです。
    お話は二世代にわたってねずみとお友達に。

    なにが素敵かっていうと
    ねずみちゃんのお部屋です。
    家具やインテリアがミニミニで
    人間からみたら廃材が見事にリサイクル。
    本当にねずみさんたちはこんな風に生活してるのかもって
    思ってしまいました。
    シルバニアやリカちゃんハウスが好きななら間違いなしです。

    何度も読みたいしこの本が愛おしくて
    自分の手元においておきたーい
    って思ったので買います。
    (今回は図書館から借りて読みました。)

    投稿日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 秘密に

    何気なく図書館で借りてみましたが、面白いです。3歳の次男でもりかいしていました。親の知らないところで内緒の友達がいる、しかもネズミ。びっくりですが、丁寧な絵をみていると、ネズミの生活が人間と一緒なのが面白いです。

    投稿日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内緒の世界

    ドキドキするような、くすっと小さく笑ってしまうような、不思議な気持ちになりました。
    内緒のお友達は、ネズミです。
    マリーそっくりの生活をしていて、やがて、それぞれの娘もお友達になります。

    絵を見ていると、海外のインテリアが目を惹きます。
    ネズミの家にも、たくさん面白い物があるので、じっくり見ると楽しいです。

    投稿日:2011/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストもお話も親子で大好きです!

    こちらのサイトでこの本の存在を知り、図書館で借りてきました。

    細かいところまで描かれた大きなイラストで、イラストを見てるだけでも充分楽しめます。
    お話の構図やテンポも良く出来ていて、とても読みやすいと感じました。
    ネズミはちょっと苦手ですが、この本では可愛らしく描かれています。

    みんなのお家にもこんなネズミがこっそり住んでいるかも?
    子供時代にこんな「ないしょのおともだち」がいたら素敵ですね!

    投稿日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵

    バーバラ・マクリントックさんの描かれる絵、大好きです。
    「シモンのわすれもの」「ダニエルのふしぎな絵」を持っていますが、なんど見ても見惚れてしまいます。
    ちょっと懐かしい雰囲気の人物像、そして、家の中、街角、どの描写をとっても本当に素敵な雰囲気たっぷりなんですよね。

    この絵本も、マクリントックさんの絵と気づいて手に取りました。
    主人公は、マリーという女の子、そして、同じ家に(こっそり)住んでいるネズミの女の子。
    この二人(?)がある日偶然目があって、それ以来お友達になるんです・・・。

    左にマリー、右にネズミの子の生活がそれぞれ対比して描かれながらストーリーが進むのが楽しいです。
    マリーは成長して家を離れてしまい、ネズミとの楽しい生活もオシマイ・・・かと思いきや!!
    親にはナイショのお友達。世代を超えてのつながりなんて、素敵ですね☆

    ストーリーも絵もたっぷり楽しめる素敵な絵本です。
    読後感、とてもいいですよ☆

    投稿日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も大好きなになる絵本です

    大きな家に住んでいたマリー。マリーの住む大きな家の片隅に住んでいたネズミの女の子。ある日、偶然に出会ったマリーとネズミの子は、それから毎日挨拶をするように、そして内緒のお友達になります。距離をおきながらも、素敵な関係を続けるマリーとネズミの女の子。成長して会えなくなってしまいますが、素敵な偶然が訪れます。母娘二代にわたる、人間とネズミの交流を描いた本です。

    表紙を見ていただければわかりますが、落ち着いた色調で描かれた絵がとても可愛くて素敵です。細部にわたり描かれた遊び心満載のネズミのおうち、生活…。その細かい絵を見ているだけでも十分すぎるほど、楽しめます。大人も夢中になってしまいます。

    何度見ても、親子(母娘)で楽しめる本です。

    おすすめです。

    投稿日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ないしょのおともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(89人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット