くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

とけいのあおくん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

とけいのあおくん 作:エリザベス・ロバーツ
絵:殿内 真帆
訳:灰島 かり
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2014年03月10日
ISBN:9784834080476
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,167
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きです

    とけいや時刻にかんする絵本を何冊も持っていますが、娘が一番好きなのはこちらの絵本です。私も大好きです。
    とけいのあおくんが、勇気を出すまでの過程が丁寧に描かれていて、親子で「あおくん、がんばれ!」と応援しながら読みました。
    素敵な絵本です。

    掲載日:2017/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれな絵本

    8歳6歳の娘たちに読みました。

    とけいのあおくんが時計屋さんから買われていって、お父さんの目覚まし時計になるお話です。お母さんから選ばれるときのあおくんのドキドキ感。あおくんがお父さんの目覚ましとしてちゃんと働けるかなというドキドキ感がとっても伝わってきました。あと、この絵本絵がおしゃれー。そして字も青なんです。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな時計の緊張感

    大きな時計に囲まれて、何だか存在感のない青い時計のあおくん。
    プレゼントに選ばれた喜び、もしも目覚ましベルが鳴らなかったらどうしようという緊張感が、人間の坊やのようによく伝わって来ました。
    何だかとても微笑ましいお話です。
    殿内さんのしゃれた絵が、時計の気持ちや、登場人物をくっきりとさせていて、気持ち良い絵本になっています。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とけいのあおくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット