宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クモのいと」 大人が読んだ みんなの声

クモのいと 文・写真:新開 孝
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784591109540
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,686
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クモの巣に雨の水滴がついてキラキラすごくきれいです
    芸術品ですね!  そんなクモはみんなに嫌われることが多いのですが
    気持ち悪いとか  でも わたしは 子ども心昔のトイレに大きなクモがいて クモの巣を張っているのを見るのが好きでした
    怖いと言うより 芸術を見るような 感動さえあったことを思い出します

    もちろん 生きるための知恵であり 虫を捕まえてぐるぐるまきにして するどい きばをさして むしの 体液を吸うのです

    クモは生きるために自分で獲物を獲得しているのです
    動物はみんなそうですが・・・・・人間は自分で獲物を捕るというのでなく肉や さかなを買ってきて調理したり  米や野菜を作ったりお店で買って食べるようになりました
    だから、動物の生き方と違いますが やはり生きるためには食べなくてはなりません 
    クモの中にもいろいろな種類がいて クモの巣を張らないクモ ハナグモや ハエトリグモ  家蜘蛛などはクモの巣を張りません
    でも ちゃんと  クモのいとは 道しるべになっているのですね
    家のベランダで、クモの赤ちゃんを見たときは感動しました
    たくさんの小さなクモがいっぱいいました

    クモのことがいろいろ知ることができて この絵本が好きになりました写真絵本もいいものですね
    皆さんも見てください!

    投稿日:2017/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 《ジョロウグモ》のクモの糸、必見です!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    子どもの頃友達に『クモが大嫌い』な子がいました。
    とっても素敵で、勉強になる絵本ですが、あらゆるカットのいろんなクモの写真絵本なので、クモの嫌いな人にはお薦めできません。

    中でも驚いたのが、クモの種類によって《クモの巣》というのは形が違うということ!こんな年になって、初めて知りました!!
    まぁ、多少は違うだろうとは思っていましたが、これほど、種別に違いがあるとは思ってもいませんでした。

    そして、女の色香で男たちを骨抜きにする人を、昔は『女郎蜘蛛のような女』って言われ方をしてましたよね?(今では死語?)
    どちらの言葉が先にできたかわ知りませんが、
    この絵本に出てくる《ジョロウグモの》クモの巣ときたら…!
    そう名付けられたのが、ものすごくよくわかるくらい、他のクモの巣とは作りが違いました。
    これを言葉にするのは難しいので、気になる方はぜひ、この本を読んでみてください。

    ところで普段、住宅街や学校などでも見ることのできるクモの巣は、なにグモの巣なのでしょうか?そのあたりも書いてくれていたら、もっとよかったです。

    投稿日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • クモの糸の不思議

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    クモの糸をとらえた写真絵本。
    もちろん、作り手のクモも写っていますから、その筋が苦手の方はご遠慮ください。
    題名のとおり、クモの糸の様々な様子を撮ってあって、雨の水玉がついたところなどは、
    やはりきれいですね。
    田んぼにかかったクモの巣というのははじめて見ました。
    クモが巣を作っている様子も興味深いです。
    私は子どもの頃、『シャーロットのおくりもの』というアニメ映画を見て、
    それ以来、益虫でもあるクモを駆除する気になれません。
    もちろん、立派なクモが怖いのには間違いありませんが。
    そう、クモの巣での虫たちの捕獲は生きていく上で必要なことであり、
    残酷にも感じますが、それも、弱肉強食の世界と同じことです。
    もちろん、そのシーンも掲載されていますので、そのあたりのことも感じ取ってほしいです。
    あとがきによると、この本ができるまで、撮影に2年をかけたそう。
    クモの観察のきっかけになるといいですね。

    投稿日:2009/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クモのいと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット