宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

やさいのおなか」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

やさいのおなか 作・絵:きうち かつ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年01月
ISBN:9784834014389
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,627
みんなの声 総数 206
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コレ、何歳でもイケますよぅ!

    • 屁の8番さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、男の子8歳

    至ってシンプル。幼児〜大人まで幅広く楽しめるかと。

    読み聞かせの時間が少し余った時など とても重宝します。

    ただ、読み聞かせするには少し小さいので

    大判で出版して頂きたいです。

    続編に希望と期待(^_^)/

    投稿日:2011/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    幼稚園での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は4歳児と5歳児。

    導入に…と思って持っていったのですが、
    導入の時間がなく、いきなりメインの絵本を
    読んで…一冊じゃあ物足りないよな、と
    思い、おまけの一冊で読みました。

    わかるかなぁ…?どうかなぁ…?と思っていたのですが
    けっこう正解してくれました!
    ネギ・トマト・キュウリ・にんじんは
    ヒントがないとダメでした。
    でも「切ったらこんなんなんやなぁ…」という
    驚きがあったと思います。

    子供たちと掛け合いながら読む、
    こんな本は大好きです。
    とても楽しかったです。

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やさいのおなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / がちゃがちゃ どんどん / とりかえっこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット