宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おむすびころりん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おむすびころりん 作:與田凖一
絵:渡辺三郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784033031507
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,144
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズムが楽しい

    図書館での読み聞かせでこの本を読んでもらって以来、子供達がいつも「おむすびころりんすっとんとん!」と歌っています。
    我が家にも手元に一冊置いておこうと思い購入。
    定番の昔話は数種類出版されている事が多く、挿絵はもちろんのこと、お話の内容も少し違ったりします。
    この絵本では、隣の意地悪じいさんは地面からなかなか出てこられないという結末ですが、他の本ではそのままモグラになってしまったりする物もあるようです。
    「まんが日本昔話」に出てきそうなタッチの絵と文章が気に入ったので、私はこの一冊を選びました。

    投稿日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おむすびころりん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット