宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きれいなはこ」 大人が読んだ みんなの声

きれいなはこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003758
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,354
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わっ!わぁー(

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    せなけいこさんの絵本です。
    今まで知りませんでした。
    とても単純な作りなのに、最後はとてもすごい衝撃でした。

    「おばけ」がすごく先生みたいなのに結局“悪い子”たちをおばけの仲間にしてしまう。その発想が面白かったです。
    表紙からしてなんかやけに大きな口の犬がいますもんね。
    この時点で、ただの楽しい幼児向けの本ではないと気付かないといけないかもしれません。
    読み聞かせに使うなら、やっぱり夏の時期ですね〜。
    意外とこういう作品は(小学校)高学年の子どもたちにもいいかもしれません。大人になりかけている子どもたちがどんな反応をするか、見てみたい気もします。

    投稿日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありです。

    九月に生まれてくる子供にどうだろう、と早まって買ったのが、よりによってこの本です。
    だって…、、
    絵がとても可愛いんだもの。
    それに、きれいなはこなんて、興味をひかれるタイトル。
    何が入っているのか気になるではありませんか。
    なんとこわーいおばけが入っているとは!びっくりです。
    なんというか、読んでもらった子供の立場になって考えた時、こわいながらも間違いなく「いけない事」についてじっくり考えるのではないかと思います。
    ただあまーいだけが、赤ちゃん絵本ではないと知った、早くも親目線から見て興味深い一冊です。

    投稿日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きれいなはこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(115人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット