ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ねこざかな」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねこざかな 作・絵:わたなべ ゆういち
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1982年
ISBN:9784577004289
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,161
みんなの声 総数 68
「ねこざかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの笑える!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    自分が幼少の時に出版されたものとは
    思えないくらい、時代を感じさせない発想と展開。
    大人が読むと最後が、唐突に終わり
    物足りないような感じもしたけど、
    子どもたちは大満足で、何度も読んでほしいと
    もってきて、他のシリーズも全部読みたくなるくらい
    キャラクターの魅力にはまったようです。
    ネコとさかなの表情も決してかわいらしいもの
    ではないのに憎めなくて、ずっと見てると
    かわいく感じてきてしまう。
    お互いほのぼのした性格じゃなさそうなのに、
    やっている行動は相当ほのぼのしている
    アンバランスなところも、ねことさかなに
    惹かれるポイントかも。五歳の兄と二歳の妹に
    同時に読み聞かせても、ふたりとも楽しんで
    聞ける内容であるところも高ポイントです。
    定番シリーズに追加されそうです。

    掲載日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい。

    猫が魚に食べられた???

    魚を食べようと魚釣りをした猫。
    でも、食べようと口をあけたら、魚はもっとおおきく口をあけて・・・。

    とっても鮮やかではっきりした絵が目を引く絵本。
    魚と猫が一緒に泳ぐシーンや、昼寝してる絵は本当に可愛らしいです。
    このシリーズの違う本もぜひ読んでみたいと思いました。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法みたい

    先日、娘に『ねこざかなのおしっこ』を読み、また図書館から
    同じシリーズを借りてきました。
    娘はシリーズが続いたので「魔法みたい」とびっくりしていました(笑)。
    ちょっとうれしかった。
    でも、魔法みたいなのは私ではなくて、この絵本の中の「ねこ」と
    「さかな」だよなあって思います。
    だってさかなのなかにねこがすっぽりはまって、仲良くやって
    いるのだものねえ。普通とは逆ですもんね。まあ、逆だったら
    ねこが食べちゃって今頃さかなはいないかな。
    ねこざかなは、ふらだんすが好きなのかしら?
    『ねこざかなのおしっこ』の方でもやっていたし。
    娘も「ああ、ここで練習したから、またダンスしたんだねえ」と
    あちらの絵本と物語を自分で繋げて喜んでいました。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ+さかな〜

    面白いですよね!さかなにとっては、ねこは天敵。
    でも、深くつきあうと意外と気が合うかも・・・なんて(笑)
    ねことさかなを合体させるアイディアもさることながら、
    ねこざかなの暮らしっぷりには、もうツッコミどころが満載です♪
    この本は、刊行当時から、わが家にありますが、時々開いては、
    ふっ・・・と癒されてます。
    にゃんにゃにゃんにゃにゃーん たのしくなるリズムです☆

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    海にすむ魚と陸上の猫が一緒になるなんて。とてもユニークでした。
    魚の口から猫の顔が見えている姿が息子にはとても面白かったようです。
    最後のページの魚釣りの場面は、猫が抜けて印象的だったようです。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ?さかな?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    ねこざかなシリーズの一番最初の絵本ですね
    まさかねこがさかなに食べられるなんて・・・でもその後の「ねこざかな」としてのエンジョイした生活ぶりは、楽しそうです
    さかなに手足が生えていたり、こんな生き物がいてもいいかなぁ〜と思わせてしまいますね〜
    さかなをつったつもりの人は本当に驚いただろうな・・・
    色も鮮やかだし、お話も分かりやすいので、読み聞かせには良いと思います

    掲載日:2008/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかよくなれるんだね

    • 三毛猫さん
    • 20代
    • その他の方
    • 静岡県

    ねこにとってはさかなは「食べ物」。
    一方さかなにとってはねこは「天敵」。
    そんな2匹が出会って一緒になるのですから不思議!
    こわい魚のギザギザの口からひょっこり顔を出した猫。
    なんともかわいい、そしてほほえましい絵です。
    ねこもスイスイ泳げるし、さかなだって木に登れる。
    なかよくなれば、2倍、いやそれ以上の楽しみが増えるんですね。
    どんなお友達とだってなかよくなれる!楽しく遊べる!
    そんな気持ちにさせてくれる本です。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねこざかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本
  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット