いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

コロちゃんはどこ?」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年03月
ISBN:9784566002067
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,617
みんなの声 総数 132
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

  • 一人でも楽しんでます

    もともとしかけ絵本は好きですが、こちらは特に気に入ったようです。
    自分でめくりながら、『(コロチャンが)いないねえ』とつぶやいています。
    物語もお母さんが子犬のコロチャンを探すというシンプルな展開なので、うちの子もとっつきやすかったようです。

    投稿日:2013/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日読んでます!

    娘が2歳になるちょっと前に購入した絵本なのですが、
    大のお気に入りに!
    しかけが、とっても楽しいようで、今では、毎日毎日
    読んでいます♪
    めくるとコロちゃんではないほかの動物たちが出てくる
    のですが、今ではそのセリフも教えてくれます♪
    もっと小さなお子様からでも読める絵本だと思いますので、
    赤ちゃんのお母さまも、ぜひぜひ読んでみてください♪
    字も大きいので、お子様が自分で読むのにもいいですよ!

    投稿日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 受け答えがユニーク

    お母さんがどこかに隠れているコロちゃんを
    さがす楽しい仕掛け絵本です。

    内容はとても簡単なのですが、
    ドア、ピアノ、時計、ソファーの下や箱の中など
    開けると色々な動物が「ちがうよ」「おらんぞ」「ちがうちがう」
    などそれぞれ違う言い回しで答えてくれるところが
    とてもユニークです。
    息子はペンギンの「ちがうちがうちがう」のシーンが好きで、
    何度も開いたり閉じたりしながら読んでもらうのがお気に入りです。
    1歳代のころは、仕掛け部分は破かれてしまっていたと思うので、
    自分でめくって楽しめるようになった現在2歳の息子には
    調度良かったようです。
    おさがりの本ですが、もらえて良かったと思いました。

    投稿日:2012/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本の王様コロちゃん

    海外では赤ちゃんに大人気のコロちゃんしかけ絵本シリーズの1冊ですね。図書館に行くとたくさんのコロちゃんしかけ絵本が揃っています。
    その中でも、ママとコロちゃんのかくれんぼの物語は子供に一番喜ばれますよね。 いろんな所を探しに行くけれど、出てきたのは、、、、
    いろんな動物達が現れるのも子供には嬉しいですよね。

    投稿日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • おともだちと取り合いに…

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    先日、お友達がうちへ遊びに来た時に、絵本を奪い合うほどの人気でした。

    お姉ちゃんが小さい時によく読んでいた本で、息子が今までは家にあってもそれほど気にとめていなかったようですが、お友達に取られてしまうとおもったのか?読んで聞かせてあげているときもどちらがしかけの部分をめくるかで、取り合いになるほど大人気でした!

    簡単なことばで、繰り返し繰り返しの言葉で綴られているので、親しみやすい絵本だと思います。

    投稿日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • コンコンコンッ♪

    • るねゆさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子1歳

    この手の仕掛け絵本が大好きな息子のお気に入りの絵本です♪
    コンコンコンッ♪っとノックしながら、ドアや時計の中を、ママわんちゃんがコロちゃんを探していく、とっても楽しい絵本です☆
    登場する動物がたくさんなので、声を変えるのが大変ですが、親子で楽しく読んでます♪

    投稿日:2009/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクするしかけ絵本

    こどもが大好きな本で、ほぼ毎日読んでいます。
    ドアのしかけをめくると「くま」がハチミツを持って出てきたり
    ピアノの中からカバ、階段の下からライオン。
    いろんな動物がイッパイでてきます。

    声色を変えて、カバのようにのっそり、ペンギンはたくさんいるので
    高い声で「イナイヨ」を連発。
    読み方を工夫すると、子どもは大うけでケラケラ笑います。
    子供が自分でシカケをめくる時のワクワクしたような顔を見るのが楽しみです。

    投稿日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまりました〜

    なかなか絵本に興味を示さなかった息子が
    はまったしかけ絵本です。

    ご飯になってもいないコロちゃんを
    お母さんが家中探す話です。
    戸棚を開けたり、ソファーのしたをのぞいたり、
    そこには色々な動物が隠れています。
    そして、お母さんに
    「ちがうよ」とか「おらんぞ」という返事をします。

    めくるのも面白いのですが、
    いろいろな声で返事してあげると、お喜びで、
    繰り返し繰り返し読むのをせがまれました。

    シリーズでたくさんあるけど、これが一番かな〜。

    投稿日:2009/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕掛け絵本

    犬のコロちゃんはママを探しに行くお話しです。

    ドアの後ろやピアノの中など、一生懸命に探すコロちゃんがとってもかわいらしく描かれています。
    なんと言っても仕掛け絵本になっているので、子どもも仕掛けを開けるドキドキ・ワクワクがあって楽しめる絵本だと思います。

    乳児さんからでも十分に楽しめるオススメの仕掛け絵本です☆

    投稿日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初にコロちゃんが見たかった。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    保育園の絵本貸し出しで、息子が自分で選んで持ってきました。
    普段は、少し長いストーリーものを好むのですが、
    こういった単純な仕掛けの絵本も楽しいですね!

    息子は、やはり仕掛けをめくるのが気に入って、
    じゅうたんの下やドアの影にいる動物たちを発見しては、
    「あ〜」「おったね〜」って笑ってました。
    日本の住宅では考えられない、ダイナミックな動物たちの隠れ場所ですね☆
    最後にコロちゃんを見つけて、一安心。
    見つかったコロちゃんがご飯を食べるというのが、余計ほっとするみたいです。
    誰だって、お腹が減ると不安ですもんね。

    しかし難点がひとつ・・・
    表紙と最初のページには、お母さん犬しかいなくて、
    「コロちゃんはどこ」って言われても、
    「コロちゃん」がどんな子なのか、分からないのです。
    大人は、このシチュエーションから考えて、子犬だろうと想像がつくのですが、子どもはどうでしょうか。
    もちろん、子どもは仕掛けをめくるのが好きなので、コロちゃんを認識する前からでも楽しめるでしょう。
    2回、3回とくり返し読むのが好きなので、
    2回目以降はすぐに覚えて、一緒に「いないねー」とか「どこかなー」って楽しむことができるようになります。
    でも、例えば、
    最初に隠れようと走っていくコロちゃんの姿などがあれば、
    (表紙などに)
    もっと分かりやすかったのではないかなと思いました。
    世界各国で愛されている作品に、いちゃもんをつけるのは心苦しいのですが・・・

    投稿日:2008/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロちゃんはどこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

全ページためしよみ
年齢別絵本セット