宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

コロちゃんはどこ?」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年03月
ISBN:9784566002067
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,611
みんなの声 総数 132
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬のコロちゃんを探しながら読む、楽しいしかけ絵本です。

    ドアを開けたり、箱を開けたりというのはよくありますが、時計の中や、ピアノの中に隠れているなんてビックリですね。

    小さい子どもは、とにかく何でもめくってみるのが大好き!
    何が出てくるんだろう?・・このワクワク感、たまりませんね(^^)

    背景は無く、挿絵は必要最小限。
    シンプルだからこそ、めくることに集中して楽しめます。

    色んな動物が出てくるのもいいですね☆
    うちの息子は「なんでピアノの中にカバがいるんだ・・」って笑ってましたが(笑)
    確かに、家の中にヘビやライオンやワニはあり得ないのですが、そこは小さい子向けの絵本ならでは。

    また、たんすやベッドが何気にオシャレ♪
    古き良きイギリスの感じが挿絵から伝わってきます。

    最後はコロちゃんに会えてよかった!
    親子で楽しむ読み聞かせにピッタリの絵本です。

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロちゃんはどこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット