でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

コロちゃんはどこ?」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年03月
ISBN:9784566002067
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,647
みんなの声 総数 132
「コロちゃんはどこ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • しかけ絵本の王様コロちゃん

    海外では赤ちゃんに大人気のコロちゃんしかけ絵本シリーズの1冊ですね。図書館に行くとたくさんのコロちゃんしかけ絵本が揃っています。
    その中でも、ママとコロちゃんのかくれんぼの物語は子供に一番喜ばれますよね。 いろんな所を探しに行くけれど、出てきたのは、、、、
    いろんな動物達が現れるのも子供には嬉しいですよね。

    投稿日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふれあい絵本 受賞レビュー

    ごはんのじかんなのにコロちゃんがいない
    ママがコロちゃんつぎつぎに家のなかを探してゆくストーリー
    ○○のなかかな?といって探す部分がしかけになっていて
    開けられるようになっています
    自然と子供はしかけをめくって中身を確認
    しかけの中の動物たちはそれぞれの言葉使いで反応
    ちがうよ
    おりません
    いいや
    おらんぞ
    ひとつの事を伝えるのに、いろ〜んな言い回しがあるっていうことを
    楽しく学べる絵本だと思います
    うちの子もそれぞれの声色をつかってマネしていました
    無事にコロちゃんが見つかると子供も安心します♪
    最後にママが「いいこね」というシーンが優しさに溢れていて素敵です

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外性が楽しい

    娘がまだ小さい頃、この絵本をプレゼントでいただいて娘の超お気に入りでした。何度もしかけ部分をパタパタ、パタパタとするので破れてしまい、何度も補修したことを覚えています。それほど大好きな絵本だったということで、今でもコロちゃんの本をみかけると、子どもたちが赤ちゃんだった頃のことを思い出して、懐かしい気持ちになります。
    ママがコロちゃんを探すのですが、なかなか見つかりません。時計の中やピアノの中には思わぬ動物が隠れていて、その意外性がまた楽しいです。

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が大好き!

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子4歳

    この本の英語版を読んでやりました。主人の子供のころ読んでいた本のおさがりです。
    文も簡単で、英語で読んでもテンポ良いし、日本語にも簡単に訳せるし、なかなか良かったです。

    お母さんが家の中で、コロちゃんを探していくのですが、かくれんぼ遊びのような仕掛けがあり小さい頃から楽しめます。

    犬が大好きな娘は最後にコロちゃんが見つかったらいつも大喜びしてました。

    投稿日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見つける楽しさ☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    子どもはかくれんぼと仕掛け絵本が大好き。
    可愛い犬が主人公の、
    低年齢向けに間違いのない絵本です。

    ごはんの時間、コロちゃんを探すコロちゃんママ。
    柱時計やピアノ、階段の下。
    そこを開いて、そこにいるか見るという
    簡単な仕掛け絵本になっています。
    いるのはライオンだったり、かばだったり。
    そして一言、
    「おりません」、「おらんぞ」。
    海外の絵本だからかな、
    ちょっとクールな印象のある一言です。
    なぜそこに?なぜあなたが?の妙な組み合わせに
    親子で笑ってしまいます。

    仕掛け絵本を子どもに読むのは難しいですね。
    どうしても、子どももやってみたい。
    精巧なものは子どもには理解されないまま
    引く力で破れ、壊されちゃう。
    親側で、まだ渡せないなーなんて判断で、絵本ごと隠してたら
    いつ読めばいいのやら。
    コロちゃんは、うちの2歳の娘にも理解でき、開いたりして
    楽しむことができました。
    かんたんな開き方なので、破っても補修もしやすそう。
    (重要ですよ!)
    大きなキャラクターと文字、セリフの展開でわかりやすいです。
    日常のお家に隠れる、愉快でチャーミングな動物たちに
    子どもは大興奮。
    小さなお子さんの仕掛け絵本デビューに最適な一冊です☆

    投稿日:2015/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子が喜ぶ仕掛け本

    コロちゃんのお母さんが、コロちゃんを探すために、ドアを開けたり、ピアノの中を覗いたり、絨毯の下をめくったり、といった仕掛け本。いろいろな動物達が登場して、「ここにはいないよ」と教えてくれながら話が進みます。うちは、2歳過ぎから読み始めましたが、多分1歳半くらいから楽しめます。めくると動物が出てくるのが大好きで、破れてしまったページもあります。幼児向けの仕掛け本の宿命かな。

    投稿日:2014/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開くのが楽しい

    犬のママが子供のコロちゃんを探し回る絵本です。

    家の中あちこち探していきますが
    なかなか見つかりません。

    ドアをあけたり

    ベットの下を覗いたり

    クローゼットの中を開けたり

    息子は開け閉めが楽しいみたいで
    何度も何度も遊んでいます。

    色んな動物がでてくるところも楽しい。

    投稿日:2013/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人でも楽しんでます

    もともとしかけ絵本は好きですが、こちらは特に気に入ったようです。
    自分でめくりながら、『(コロチャンが)いないねえ』とつぶやいています。
    物語もお母さんが子犬のコロチャンを探すというシンプルな展開なので、うちの子もとっつきやすかったようです。

    投稿日:2013/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日読んでます!

    娘が2歳になるちょっと前に購入した絵本なのですが、
    大のお気に入りに!
    しかけが、とっても楽しいようで、今では、毎日毎日
    読んでいます♪
    めくるとコロちゃんではないほかの動物たちが出てくる
    のですが、今ではそのセリフも教えてくれます♪
    もっと小さなお子様からでも読める絵本だと思いますので、
    赤ちゃんのお母さまも、ぜひぜひ読んでみてください♪
    字も大きいので、お子様が自分で読むのにもいいですよ!

    投稿日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 受け答えがユニーク

    お母さんがどこかに隠れているコロちゃんを
    さがす楽しい仕掛け絵本です。

    内容はとても簡単なのですが、
    ドア、ピアノ、時計、ソファーの下や箱の中など
    開けると色々な動物が「ちがうよ」「おらんぞ」「ちがうちがう」
    などそれぞれ違う言い回しで答えてくれるところが
    とてもユニークです。
    息子はペンギンの「ちがうちがうちがう」のシーンが好きで、
    何度も開いたり閉じたりしながら読んでもらうのがお気に入りです。
    1歳代のころは、仕掛け部分は破かれてしまっていたと思うので、
    自分でめくって楽しめるようになった現在2歳の息子には
    調度良かったようです。
    おさがりの本ですが、もらえて良かったと思いました。

    投稿日:2012/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロちゃんはどこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット