改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは?
文: ジュリア・ドナルドソン 絵: アクセル・シェフラー 訳: 久山 太市  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
英国王室、ウィリアム王子の子どもたちが大好きな絵本として、TVで紹介されました!

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(13) 王子さまの耳はロバの耳」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(13) 王子さまの耳はロバの耳 作:岡田 淳
絵:はた こうしろう
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784894325029
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,861
みんなの声 総数 40
「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(13) 王子さまの耳はロバの耳」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あれ?「王様の耳はロバの耳」じゃないの?と、不思議に思いながら読み進めました。
    あとがきによると、ギリシャ神話に始まり、様々な地域や時代を経て色々な話が伝わっているとか。
    でもこの作品は、今まで読んだどの話よりも感動的で、素敵なお話でした。

    それもそのはず、それらの話をもとに、岡田淳さんが創作された作品と知り、その抜群の文章力とストーリー運びに、時にはクスッとさせられ、時には心を打たれ、読み終えた後は温かい気持ちになっていました。

    挿絵ははたこうしろうさん。
    素朴な手描きの線画と、自然な優しい色彩の絵が、物語にピッタリでした。
    王子様が色んな帽子をかぶっているのも可愛いですね。表紙見返しにもズラリと並ぶ帽子コレクション。はたさんの遊び心が垣間見えるようでした。

    子どもが産まれる際、三人のおばあさまが言葉を贈る場面は、「眠れる森の美女」の話と似ています。
    その時つい「ロバの耳に育つだろう」と口がすべったことが事の発端。
    どうなることかとハラハラしつつ、物語は予想しない展開へと進んでいきます。

    お金や権力、美貌等は、時として真実の愛を見誤らせることがあります。
    そう、王子様の耳はロバの耳で良かったのです。
    だって、こんな素敵な人と結ばれることが出来たのですから・・・

    「王子様はロバの耳のまま愛されるのがいい」、まさにありのままの自分を愛してくれる。そんな素敵なラブストーリーでした。

    投稿日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姿より心

    『王様の耳はロバの耳』を岡田淳さんの世界で別の物語にしました。
    『いばらひめ(眠り姫)』のエッセンスをちょっといただきながら、童話としては少しパンチが弱いようにも思いますが、王子様と床屋の娘の愛情物語と考えると、多少理屈っぽくは感じながら、感動的なお話です。
    三人のばあさま(魔女、仙女もしくは妖精)が、子どもに恵まれない王様お妃様に力を貸します。
    ところが、やっと授かった王子に捧げる言葉として、西にばあさまがうっかりと「王子様はロバの耳になるでしょう」と口走ってしまいました。
    「人の言葉をしっかりと聞けるように」との意味をあわてて付け加えたのですが、王子様はロバの耳を持つことになってしまいます。

    ロバの耳で育った王子様。
    劣等化を隠し続けたものの、結婚相手を選ぶ年になった王子様は、床屋を呼んで髪を整え、お見合いをします。
    みんながバカにしたり笑ったり、異形を見るような目をしたり…。
    最後に姿ではなく、心を見る目をもった娘に出会うのでした。

    流れとしては、中学年以上向かと思いました。
    はたこうしろうさんの絵が、コミカルでスィーティ。
    ウルフ・スタルクの作品を読み漁ってから、ファンになりました。

    投稿日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(13) 王子さまの耳はロバの耳」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / キャベツくん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット