宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かかしのじいさん」 大人が読んだ みんなの声

かかしのじいさん 作:深山 さくら
絵:黒井 健
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784333024117
評価スコア 4.78
評価ランキング 472
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の交流って

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    深山さくらさんのお話はいつもほんのりと心が温まる作品が多いですね
    今回のお話も、かかしのじいさんとすずめの交流です

    本当は敵対同士なのに、なぜかぬくもりを感じます
    それはじいさんの麦わら帽子に咲いた花のように・・・

    黒井さんが季節に合わせてスケッチに訪れたとも・・・
    その思いも私たち読み手の心に伝わってくるようです

    黄色い花の数は爺さんの愛情の大きさなんでしょうね

    投稿日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • かかしのじいさんの愛情

    黒井健さんの絵が良いな〜
    深井さんのお話しも優しいのです
    本来なら かかしは すずめが米を食べないように追っ払うのが仕事です
    米の花や 米の実を食べにきているすずめたち

    すずめはじっとしている かかしのじいさんに「おなかすかないの?」と聞いて  一羽のすずめが くわの実を口に入れてくれたのです
    すずめとの関係が なかなか 暖かく描かれていて 
    かかしのじいさんが 人間が仕掛けた かすみあみの事を
    すずめたちに 知らせるために  たんぽぽのわたげにのせてといい設定が   優しさをかんじますね〜

    人間だけが生きているんじゃないですよ 
    すずめも 生きていますよ
    かかしのじいさんとすずめの関係が あたたかく描かれていて 優しい気持ちになりました

    投稿日:2015/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田んぼの風景がとても素敵

     朝のおはなし会で、3年生の秋に読むものをと考え、久々に開いてみました。
     表紙絵のかかしのじいさんの表情が良いですね。
     黒井健さんの絵とは、意外です。

     さて、お話は田んぼの天敵ともいえる、かかしと雀のほっこりとする心の交流。
     雀たちから見れば、意地悪な気難しいかかしのじいさん。
     でも、自分たちを追いかけることもできないことを知って、いささか小馬鹿にしている様子。
     秋風が吹いたある日、一羽のこ雀がやってきて、おいしいからと爺さんの口の中に桑の実を突っ込んで、・・・。
     おじいさんに悩みを打ち明ける小雀と素直に気持ちを表せないおじいさんが、対照的に描かれています。
     でも、終盤におじいさんの心が雀たちに届いたようで、・・・。

     お米が実る前から、夕焼けの中黄金色に染まる頃までの田んぼの風景がとても素敵です。
     特に、雨の日にかかしのじいさんが一人たたずむ様子が、なんとも淋しく、ぐっときました。

    投稿日:2015/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な伏線「すずめの糞」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    黒井健さんの表紙絵がとっても気になって、図書館で借りてきました。
    予約してから2カ月弱待ちました。すごい人気です。

    かかしじいさんとこすずめたちの会話がよかったです。
    かかしじいさんはページによって、ちょっとずつ違う顔をしているんですが、実際に描かれていた顔はどんな顔だったのでしょう?
    穴のあいた麦わら帽子のようなすげがさが印象的でした。

    思わず出てしまったすずめの糞が、意外に最後まで伏線として引っ張られてきていて、なるほど〜。と思いました。
    まだ、子どもたちには読んでいませんが、とても温かい気持ちになれる絵本なので、ぜひ紹介したいと思います。
    読んであげるなら、幼稚園くらいから小学校高学年まで楽しめると思います。

    投稿日:2010/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かかしの気持ち

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    すずめを追い払うのが役目のかかしじいさんと、すずめの心のふれあいを描いた一作です。
    黒井さんが取材して描いただけあって、田んぼの中のかかしの存在感がとてもよく出ていて風景が手に取るように感じられました。

    かかしのおじいさんの独り言のようにお話が進みますが
    すずめに対する気持ちの変化が胸を打ちます。
    さいごに「明日は来るなよ」と叫ぶ場面は、切ないですね。

    うちの近くには田んぼがないので、こどもたちは案山子がピンとこなかったようですが
    おじいさんの気持ちには同調していました。
    昔から稲作をしている日本ならではでの、素敵な絵本だと思います。

    投稿日:2010/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心があたたかくなります

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    黒井健さんの絵なので、リクエストして今日図書室より届きました♪

    う〜ん。いいですよ。
    作者の深山さんは山形出身とのこと。
    「めんこい」ということばが、東北人には、しっくりくるんです。

    かかしのじいさんの気難しそうな雰囲気だけど、でも、なんか、心根はやさしいというのがにじみ出て・・・

    雨の日のかかしじいさんのページも、黄色の花畑のページも素敵ですよ。

    投稿日:2010/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かかしのじいさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット