話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

かあさんをまつふゆ」 大人が読んだ みんなの声

かあさんをまつふゆ 作:ジャクリーン・ウッドソン
絵:E.B.ルイス
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784895726993
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,316
みんなの声 総数 20
「かあさんをまつふゆ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 抒情詩のような絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年度のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    最近、こうした人種差別が背景にある絵本が多く出版されていますが、読む選択肢が広がるということは、非常に望ましいと思っています。

    書かれていませんが、おそらく、時代背景は第二次世界大戦中。
    アフリカ系アメリカ人の家族の男性達は、出征しているというシチュエーション。
    住んでいるのは、大都会シカゴから離れた田舎町というところでしょうか。

    物語は、主人公である女の子のエイダ・ルースに向かって、かあさんがシカゴに出稼ぎに行くという話をしているシーンから始まります。
    男性が出征したため、機関車を洗う仕事が、黒人の女性でも募集があるというのです。

    かあさんが出かけてからは、エイダ・ルースと祖母の二人だけの生活になるのですが、克明にエイダ・ルースの心情が描かれています。
    手紙を書くといっていたのに、かあさんからの手紙は来ず、エイダ・ルースは手紙を出すばかりで、安否も含めて不安が募ります。
    エイダ・ルースは、いつも外を見つめていますが、E.B.ルイスの描く絵は、光をあてることによって、その明暗を上手く表現しています。
    揺れる心情を、絵が象徴していると言ってもいいのではないでしょうか?

    最後に、かあさんからの手紙が届きます。
    読み手も安堵するシーンですが、手紙の持つ意味の大きさを再認識しました。
    何度も何度も手紙を読み返すという一文に、心を揺り動かされる人は多いはずです。

    全体を通じ、抒情詩のような作品です。
    対象は間違いなく大人向き。
    いろいろな局面で、親子の関係を考える時に読み返して欲しい作品としてオススメします。

    投稿日:2010/12/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 切ない!

    日本とはまた違った環境の国があって,そこで暮らす子供達がいる。
    この少女の表紙の表情からも不安と切実とした願いが伝わって来ます。
    子供達が,自分とはまた違った環境に生きている遠い国の誰かを知り考えることも,人として大切なことだと思います。
    こういう本はそういう意味でも意義のある本に思いました。

    投稿日:2018/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話しはアメリカです
    戦争で男達がみんないなくなり お母さんは 娘の エイダ・ルースをおばあさんに頼んで自分が シカゴに働きに行くのです
    娘はすごく悲しくて不安です
    母親は娘を抱きしめて誰よりも愛していると伝えるシーンはじーんときます
    戦争はそんなふうに 親子も引き裂いてしまうのですね!

    母を待つ エイダ・ルースは何度も手紙を書きますが・・・・・    
    なかなかお母さんからの返事が届かないのです

    そんな寒い冬に ねこがやってきて まずしくて ねこは飼えないよとおばあさんは言うのですが、ねこをさわると お母さんの優しさを思い出すのです
    そして寒い冬  お母さんの帰りを待ち続ける 情景が涙を誘います
    そして 郵便屋さんから届いたお母さんからの手紙
    その嬉しかったこと(エイダとおばあさんのホッとした顔) 
    おかあさんは もうすぐ帰ってくると 何度も何度も読み返します

    早く戦争が終わって お母さんと一緒に暮らせる平和な日々を願わずにはおれません
    お父さんも帰って来てほしいです

    絵がステキです。母と子の愛の深さ 
    お母さんを待つエイダ・ルースとおばあちゃんの情景がすごく丁寧に描かれています
    高学年の子ども達にも読んでほしいです

    投稿日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本の注目すべき点は、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    娘さんが母さんを待ちわびる気持ちもそうですが、お母さんが帰ってくることになったことがわかった時の猫に対するおばあちゃんの心情の変化と接し方の変化です。戦争はいいこと何もないね。何度でも読み返したい絵本です。

    投稿日:2015/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい!

    とても切なくなる一冊です。
    お母さんの愛情もたっぷり感じられるのですが、それがまた切なくなります。

    お母さんからの手紙をよんで、何度も繰り返したい歌みたいな言葉なんて思えるところが少女の心の豊かさを感じます。

    お母さんが帰ってきたらたっぷり甘えて、甘えさせてほしいなと思いました。

    投稿日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    表紙の主人公の横顔の描き方に魅せられたのでこの絵本を選びました。主人公の気持ちをしっかりと言葉なしで表現できているのに感動しました。光りが当たっている部分と影の部分との使い分けがとても上手だなと思いました。主人公とははとのつながりが以下に強いものかをひしひしと感じる事が出来ました。御婆さんが一生懸命に主人公を温かく守っているのが印象に残りました。

    投稿日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせられない

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子15歳、男の子12歳

    私には自分のための本。旅先で買いました。
    また「手紙」が出てきます。
    息子や、他の子どもたちには今は読めません。
    読めなくなるほど泣きそうだから。

    「手紙」はメッセージそのものだけど、
    「手紙を待つ」「何度も手紙を出す」「手紙がこない」
    のも、メッセージのあり方ですよね。
    そして「手紙を書く」ことは、受取手にはもちろん、
    書く本人にとっても大きな意味があると改めて思います。

    季節は冬。
    温かいココアを見てると私も作って飲もうと思う・・・
    冬って、やっぱり「あったかい」イメージがあります。

    投稿日:2010/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外を見つめる少女の姿が印象的。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    絵本を検索した時、表紙絵が写真家と思ってしまいました。
    窓(あるいはドア)の向こうをジッと見つめる少女の姿が、
    印象的な絵本です。
    少女がほとんどのページで外を見ているので、顔や体に当たる光の明暗の絵筆遣いが、とても素晴らしかったです。

    物語には、どこからかやってきたノラネコも登場します。
    うちは貧乏だから「ネコなんか、飼えないんだよ」といいながら、ミルクをやるおばあちゃん。結局、主人公の少女がお母さんのいない寂しさに、ネコの世話をしているのを、おばあちゃんは何も言わずに見ないふりをしてくれています。

    この家族が、どういう状況で、女ばかりの貧しい暮らしをしているのか、詳しいことはなにも書かれていませんが、
    母を待つ少女の姿に、たくさんの想いや物語が詰め込まれているように感じました。
    小さなお子さんには難しいかもしれませんが、高学年から中学生くらいのお子さんにはぜひ一度読んでみてほしい絵本です。

    投稿日:2010/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母への愛

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    表紙の少女の物憂げな佇まいが印象的です。
    黒人の少女エイダ・ルースは、シカゴに出稼ぎに行った母を、祖母とともに待っているのです。
    大好きを繰り返した母との思い出を心の支えとして、不安な毎日を過ごします。
    迷いネコをかわいがるエイダ・ルースの心情が浮かびます。
    祖母はネコに悪態をつきますが、それでも、きちんと世話してくれるのですね。
    黒人の親子という状況に加え、戦争も背景にあります。
    その中で懸命に生きるエイダ・ルースの姿に心打たれます。
    また、出稼ぎに出た母も、決して状況に屈することなく、
    娘にもあらん限りの愛情を伝えるところは、敬服してしまいます。
    親子の愛の交流が素敵なトーンで語られていて、心に響きました。

    投稿日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない思い

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    大好きなかあさんが、シカゴに働きにいき、娘エイダは、おばあさんと一緒に暮らしています。
    かあさんの出発前、その準備をしている場面から、事細かに描写されています。
    絵から伝わるエイダの気持ちが、痛いほど伝わってきます。
    やがて季節は冬になり、なんの連絡もない日々、そして迷い込んだ一匹の子猫。猫を飼う余裕なんてないと口では言うおばあちゃん。でも、一つ一つの行動に、深い優しさを感じます。

    絵から伝わる気持ちが、まっすぐ読むものに伝わってくる素敵な一冊。こんな生活をしている子どもたち、もっと大変な思いをしている子どもたちが、今もたくさんいること、改めて気づかされました。

    投稿日:2010/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かあさんをまつふゆ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット