ゴハおじさんのゆかいなお話 エジプトの民話」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゴハおじさんのゆかいなお話 エジプトの民話 再話:デニス・ジョンソン‐デイヴィーズ
絵:ハグ‐ハムディ・モハンメッド・ファトゥーフ ハーニ・エル‐サイード・アハマド
訳:千葉 茂樹
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784198628987
評価スコア 4.78
評価ランキング 523
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゴハおじさんが布で描いてる!

    布で描かれた表紙の絵に惹かれて手に取りました。
    エジプトの楽しい民話がたくさん収録されています。中の挿絵も、すべて布で描かれたキュートなものばかり。見ているだけで心躍ります。
    どんな人がつくっているのだろうと思ったら、なんとゴハおじさんのようなエジプトの男の人があぐらをかきながら、布に模様を施しているのです。すごいと思いました。
    物語も、とても楽しいおはなしばかり。8歳の娘は読みながら「きゃははは」と声を出して笑ってしまうほど面白かったようです。

    投稿日:2016/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気づけば虜に!

    エジプトの民話ということに、物珍しさを感じて選びました。

    自分が買った十二頭のロバ。そのうちの一頭の背に乗り、ロバを数えるゴハおじさん。
    ところが、一頭足りないのです。なぜって、自分が乗っているロバの数を数えるのを忘れてしまうから!

    最初は、そんなゴハおじさんのまぬけな感じに呆れてしまいましたが、読み進めていくと、時々ハッとするようなことを言うのです、このゴハおじさんて人は!
    最後には、すっかり洗脳されて、なんて利口な人だろう…と思うようになっていました(笑)

    「どこにでもいそうな、一見まぬけな人物が、ときにきらりと光る知恵を発揮してこそ、おもしろく、痛快な気分をあじわえるのです。」これは、訳者さんのあとがき。

    中東各国で語り継がれるゴハおじさんのお話。
    「我が国こそ、ゴハおじさん発祥の地」と、みんなが口を揃えるほど、とても愛されているゴハおじさんです!

    投稿日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年の朝読にもぴったり!

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    子どもが小2の時、えほんやさんで勧められた児童書です。

    「ゴハおじさん」が主役のエジプトのゆかいな民話が全部で15話収録されています。

    一つのお話が2ページから4ページのものが多く、
    字も大きくて、漢字には全てフリガナが振ってありますので
    とても読みやすく、低学年の子どもの朝読にもピッタリ!

    このゴハおじさん、とっても愉快なおじさんです。
    かなり間抜けなところがあるかと思えば、
    「やるね!」と言いたいくらい賢い時もあり
    親子で読んでも、始終楽しく笑える本です。

    布で作られている挿絵も面白い!エジプトの天幕職人の手に寄るものだそうです。

    投稿日:2015/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゴハおじさんのゆかいなお話 エジプトの民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット